東洋ライス「最も高額な米」でギネス世界記録認定された商品などの販売拡大を開始

 東洋ライス株式会社は、昨年スタートした「世界最高米」事業について2017年の取り組みを開始した。
最も重要となる原料玄米は、2016年12月に熊本県菊池市で開かれた「第18回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」(米・食味鑑定士協会主催)における金賞等を受賞した玄米の中から弊社独自の基準により厳選し、各県産コシヒカリ、熊本県産のぴかまるの5品を認定し、一般価格の約8倍となる1kgあたり1,900円で買い受けました。

弊社では、これらの原料玄米を独自の「生命力選別」「熟成」「精米」「ブレンド」「無洗米」の各技術により最高品位の「金芽米」に仕上げ、本年6月頃より発売する予定です。

価格は10,800円(税込)を予定しており「Most expensive rice」(最も高額なお米;1kg当たり11,304円(109USドル 消費税・送料別))としてギネス世界記録(R)(※)に認定された同じ価格で、ウェブ販売、海外販売に加えて、昨年ご要望に応えられなかった百貨店等でのギフト販売での展開にも販売チャンネルを拡大し、昨年の530セットを上回る700セットの販売を計画しています。

また、アメリカで5月20日~23日に開催される展示会「NATIONAL RESTAURANT ASSOCIATION」への出品や、6月にはシンガポールで試食イベントを開催するなど、日本のコメ価値向上に努め、「世界最高米」の日本米のフラッグシップとしての地位がさらに強固なものになるよう、取り組みを強化してまいります。

「世界最高米」は原料選定を行った後、「熟成庫」に入れることでコメの生命力をさらに向上させ、その「活きの良い」原料玄米に「精米」「ブレンド」「無洗米」加工を施した最高品質の金芽米となります。
精製した白米が、栄養価の高い「貯蔵澱粉層の表層部」や「亜糊粉層」を削り取る中で、「世界最高米」はコメに本来ある“生薬”の要素を世界に発信する試みでもあります。

【会社概要】
社名  : 東洋ライス株式会社
所在地 : 銀座本社
      〒104-0061 東京都中央区銀座5-10-13 東洋ライスビル
代表者 : 代表取締役 雜賀 慶二
設立  : 1961年(昭和36年)
資本金 : 1億円
事業内容: 金芽米、金芽ロウカット玄米、
      BG無洗米の加工・製造・販売、精米機器の開発・製造販売 その他
URL   : http://www.toyo-rice.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  2. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  3. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  4. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  5. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  6. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  7. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  8. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  9. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  10. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 日本マイクロソフトの社員食堂が日本野菜ソムリエ協会認定、植物工場野菜の販売も
     日本マイクロソフト株式会社と、社員食堂「One Microsoft Café」を受託運営しているエ…
  2. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
  3. パナソニックエコ、施設園芸・低コスト型植物工場をターゲットに局所環境制御技術を導入
     パナソニックエコソリューションズ社は、農産物の生産効率向上と生産者負担の軽減を図る「アグリ・エンジ…
  4. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
    2008年7月12日に、植物工場ビジネスに関して(株)フェアリーエンジェル、代表取締役の江本謙次氏を…
ページ上部へ戻る