時間と場所にとらわれないマイ農場サービス『FARMFES(ファームフェス)』本登録開始のお知らせ

 ​全国の農家(生産者)と消費者をインターネットで繋げる、株式会社ファームフェスは1月25日に「商品」と「体験」を共有するプラットフォームの「FARMFES (名称:ファームフェス、URL:http://www.farmfes.com)」の本登録を開始した。
時間と場所にとらわれないマイ農場サービス『FARMFES(ファームフェス)』本登録開始のお知らせ
サービスの概要
FARMFES(ファームフェス)は、時間と場所にとらわれず、マイ農場を持てるサービスです。 弊社が契約している全国の農場から「自分好み」の農場を選択することができ、その農場の生産区画に、好きな名前を付けられます。

農作物が育つ様子を、ホームページからチェックし、SNS などに共有することもできます。さらに、農産物を収穫できるプランや、マイ農場から収穫された農産物を発送してもらうプラン、大切な人に農場を送れるギフトプランなど、充実したプラン内容となっています。
本日より本登録を開始いたします。

プラン紹介
①基本プラン(年間6,000円〜)

〜 農家さんとコミュニケーションしながら農産物を観察 〜
・あなたのネームプレートを農場に設置
・あなたの好きな名前をつけた農場の認定書を発行
・マイ農場の写真を毎月ホームページで確認
・農家さんとのコミュニケーション
・農場から収穫した農産物を発送
(農産物が欲しい場合は追加で購入も可能。※3月末〜4月中旬に開始予定。)

②ファームギフトプラン(年間12,000円〜 )
〜 大切な人へ、農場そのものをギフトとして贈りましょう 〜
・上記の基本パック全て
・手書きのネームプレート
・あなたの農場のオリジナルラベル
・種蒔きから収穫までの想い出を綴ったフォトアルバム

農場をギフトとして贈ることができます。手書きのネームプレートや、オリジナルラベルの作成、種撒きから収穫までの想い出を綴ったアルバムを添えて、収穫物を大切な人へギフトとして贈りましょう。モノだけではなく、時間とストーリーも込められた「ファームギフト」をぜひご利用ください。

サービスの背景
現在の日本の農業を取り巻く環境は、自然災害や、少子高齢化にともなうマーケットの縮小、さらに地方の農村では深刻な後継者問題を抱え、新たな岐路を迎えています。

一方で、消費者側も、スーパーでの買い物が主流となった現在では、農産物への感謝という気持ちも次第に薄れ、子ども達に茶碗のお米一粒の大切さを教えることが難しくなってきています。

私たち、ファームフェスは、農家と消費者がともに「収穫の歓び」を体験、共有することによって、感謝の気持ちを双方が育み、真に強く美しい、新しい日本の農業の在り方をみつめ、また、収穫後のお祭りで地方が賑やかになりますように、という願いを込めて誕生しました。

好きなときに、好きな場所で、マイ農場で農産物が育つ様子をホームページで観察するにより、野菜がどんなふうに育つのか、食べるまでのストーリーを体験でき、お子さまの食育につながります。FARMFES契約する40農場からお気に入りの農家さんを見つけて、簡単に農業体験を楽しんでみてはいかがでしょうか。

Facebook https://www.facebook.com/farmfes/
Twitter https://twitter.com/FARMFES
Instagram http://instagram.com/farmfes
サービスURL http://www.farmfes.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  2. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  3. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  4. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  5. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  6. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  7. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  8. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  9. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  10. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     山口大学、株式会社MOT総合研究所と三菱化学株式会社は、植物工場全般に係る共同研究開発等に関して包…
  2. いすゞ自動車、ミドリムシの開発ベンチャーのユーグレナ社と次世代バイオディーゼルの実用化へ
    いすゞ自動車は2014年6月25日、ミドリムシ(微細藻類ユーグレナ)を用いた製品を展開するバイオベン…
  3. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
  4. 米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
     米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加…
ページ上部へ戻る