ファミリーマート、福島県内初のJAとファミリーマート一体型店舗を開業

 株式会社ジェイエイ新ふくしまライフ(ふくしま未来農業協同組合子会社)と株式会社ファミリーマートは、福島県内初のJAとファミリーマートの一体型店舗となる「ファミリーマートAコープ湯野店」を、2017年1月27日に開店する。
ファミリーマート、福島県内初のJAとファミリーマート一体型店舗を開業
■生鮮食品や日配品は通常店舗の約7倍を品揃え、イートインスペースも設置
このたび開店する「ファミリーマートAコープ湯野店」は、通常のコンビニエンスストアの商品やサービスの提供に加え、Aコープが得意とする生鮮食品や惣菜、日配品の品揃えなど、スーパーマーケットの機能を兼ね揃えた一体型店舗です。

同店は、飯坂温泉近くの住宅街に立地し、近隣にスーパーマーケット等がないことから、周辺にお住まいの皆さまの生活応援店舗として、ファミリーマートが展開する商品やサービスに加え、生鮮食品や日配品などの商品を約450種類取り揃えております。

また、より地域に密着した品揃えを実現するため、調味料やレトルト食品などにおいて、全農ブランドである「Aコープ商品」も約150種類品揃えしております。さらには、店内にイートインスペース14席も設置することで、地域のお客さまが集う地域コミュニティの場としての機能も果たしてまいります。

【ファミリーマートAコープ湯野店概要】
住所:福島県福島市飯坂町湯野字千刈田10
店舗面積:約263m2(約80坪)
売場面積:約197m2(約60坪)
駐車台数:8台
商品アイテム数:約3,500アイテム(内、生鮮食品や日配品、JAブランド関連商品約600アイテム)

【当店の主な特徴】
(1)店舗の看板のデザインには、一体型店舗を示す「FamilyMart+ACOOP」を使用。
(2)通常のファミリーマート店舗にはない、Aコープで扱っている生鮮3品(青果、精肉、鮮魚)や日配品の取り扱いを強化し、約450種類を品揃え。
(3)ファミリーマートの強みである、おむすびやサンドイッチなどの中食商品、挽きたてコーヒーの提供に加え、各種公共料金の受付やマルチメディア端末「Famiポート」、「マルチコピー機」を設置するなど各種サービスの取り扱いを充実させ、近隣住民の皆さまへ利便性を追求。
(4)レトルト食品やパンなどのAコープオリジナル商品(約150種類)を品揃え。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  2. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  3. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  4. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  5. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  6. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  7. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  8. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  9. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  10. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的
     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェル…
  2. デアゴスティーニによる家庭用LED植物工場の第2弾。野菜・ハーブの水耕栽培キットを販売開始
     株式会社デアゴスティーニ・ジャパンは、LED光源を採用した家庭用・小型植物工場を簡単に楽しめる「L…
  3. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
  4. 新日鉄住金エンジ、ローソンファーム秋田の植物工場に自社システム建築商品を納入
     新日鉄住金エンジニアリング株式会社の建築・鋼構造事業部のシステム建築商品「スタンパッケージ(R)」…
ページ上部へ戻る