ヤマトHDとANA総研など「鹿児島県産品の販路拡大・観光促進に向けた連携協定」を締結

 鹿児島県と鹿児島アグリ&フード金融協議会、ヤマトホールディングス株式会社、株式会社ANA総合研究所は、鹿児島県産品の販路拡大及び観光促進を図るために連携協定を締結する。鹿児島アグリ&フード金融協議会は、鹿児島銀行、南日本銀行、鹿児島相互信用金庫、鹿児島信用金庫、奄美大島信用金庫、鹿児島興業信用組合、奄美信用組合の金融機関にて構成されている。

1.背景
 鹿児島県は、温暖な気候や豊かな自然を生かして、さつまいもや養殖ブリなど日本一の生産量を誇る素晴らしい素材があふれています。
これらの豊かな県産品の販路拡大を図るため、県とアグリ&フード金融協議会では、国内市場はもとより、香港やシンガポールなど海外への輸出にも取り組んでいるところです。

また、県では桜島や霧島等の活火山、日本で初めて世界自然遺産登録された屋久島、指宿の天然砂蒸し温泉など、鹿児島が世界に誇る豊富な観光素材を活用して、国内外からの観光客誘致に取り組んでいます。

 一方、ヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸株式会社とANAグループは、アジア圏へのスピーディーかつ高品質な輸送ネットワークの構築に向け連携し、日本全国の「旬」の食材を鮮度を保ったままアジア圏へお届けする「産直・お取り寄せモデル」の具現化の支援などに取り組んでいます。

このたび、4者は連携協定を締結し、それぞれが有する資源やノウハウを有効活用することにより、県内の生産者や事業者に対し、国内はもとより海外への輸出も含めた県産品の販路拡大や「手ぶら観光サービス」の利用等を通じた観光促進などを目指し、連携してまいります。

2.「鹿児島県産品の販路拡大及び観光促進に向けた連携協定」での主な役割
【鹿児島県】

県産品の販路拡大については、国内外におけるヤマト運輸とANAグループによる小口輸送を中心とした物流ネットワークの活用促進を通じて、販路拡大に積極的な生産者や事業者の取組支援を行います。

観光促進については、観光PRや手ぶら観光サービスの利用促進等を通じて、国内外からの観光客の誘致と満足度向上に取り組みます。

【鹿児島アグリ&フード金融協議会】
県産品の販路拡大については、各種ファンドの活用や商談会の開催等により、生産者等の商流構築を支援し、県産品の販路拡大や農業従事者の所得向上を目指します。
観光促進については、県産品の販路拡大やPRを通じて、国内外からの観光客の誘致と満足度向上に取り組みます。

【ヤマトホールディングス・ANAグループ】
ヤマト運輸のアジア圏へ最短翌日にお届けする国際間の小口保冷輸送サービス「国際クール宅急便」を通して、高品質な県産品を鮮度を保ったまま海外までお届けします。

さらに生産者や事業者が海外とのビジネスを積極的かつ安心して展開できるよう、輸出支援セミナーの開催や輸出時に必要な書類の作成などのサポートを行い、海外販路の拡大を支援します。また、国内においても、新たな輸送スキームを構築し、全国翌日配達などスピーディーなお届けにより、県産品の販路拡大を目指します。

また、観光促進については、鹿児島中央駅と鹿児島空港でスーツケースなどの手荷物をお預かりし、当日中に県内の宿泊施設にお届けする「手ぶら観光サービス」の提供の実現に向けて取り組んでまいります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  2. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  3. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  4. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  5. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  6. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  7. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  8. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  9. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  10. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
  2. イギリスにおける施設園芸の技術開発機関、LED光源・多段式を採用した植物工場が稼働
     イギリスのストックブリッジ・テクノロジー・センターでは、民間企業と連携しながら、LED光源による補…
  3. 日本マイクロソフトの社員食堂が日本野菜ソムリエ協会認定、植物工場野菜の販売も
     日本マイクロソフト株式会社と、社員食堂「One Microsoft Café」を受託運営しているエ…
  4. ネパール・カトマンズ市による都市型農業・屋上ファームの普及、住民へのトレーニングも実施
     ネパールのカトマンズ市は都市型農業や都市緑化を拡大させるため、住民150戸に対して屋上・テラス等の…
ページ上部へ戻る