千葉県によるイチゴの新品種「チーバベリー」、3月以降も安定生産・観光農園にも最適

千葉県によるイチゴの新品種「チーバベリー」、3月以降も安定生産・観光農園にも最適 千葉県では、新たなイチゴの品種「チーバベリー」のお披露目式が1月12日に開催された。チーバベリーは大粒で甘みと酸味のバランスが良く、食味に優れているほか、病害「うどんこ病」に強いという特長がある。また新品種は観光客が増える3月以降も安定して収穫できる、という。

「チーバベリー」は、千葉県農林総合研究センターが長い年月をかけて開発したイチゴの新品種です。2017年1月にデビューし、今シーズンから県内の「いちご狩り園・直売所」で楽しむことができます。

1.「チーバベリー」の特徴
・大粒で、果汁がたっぷり。
・甘味に加えて程よい酸味があり、おいしいです。

2.千葉県の「いちご狩り」について
・いちご狩り園は、約100か所あります。
(チーバベリーの取扱いは約30か所)
・「いちご狩り」のシーズンは、1月から5月頃までです。
・「チーバベリー」は県内のいちご狩り園や直売所で取り扱っています。

【参考】
千葉県いちご新品種「チーバベリー」
http://www.pref.chiba.lg.jp/ryuhan/ichigo/chi-baberrytop.html

3.チーバくんのいちご日記
千葉県マスコットキャラクター「チーバくん」が、「チーバベリー」を開発した千葉県農林総合研究センターで「チーバベリー」が大きくなっていく様子を日記にして、千葉県ホームページで公開しています。

【参考】
チーバくんのいちご日記
http://www.pref.chiba.lg.jp/ryuhan/ichigo/chi-baberry5.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  2. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  3. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  4. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  5. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  6. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  7. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  8. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  9. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  10. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国にて普及が進む教育向けの植物工場キット。都会の学校にて総合的な教育プログラムを提供
     米国オハイオ州のグランドビュー・ハイツ市の公立学区では教育向けの小型植物工場9台を導入した。導入し…
  2. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
  3. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
  4. 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的
     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェル…
ページ上部へ戻る