住友商事、スペインのバイオ農薬メーカーへ出資参画

 住友商事株式会社は、農薬販売事業統括会社のSumi Agro Europe Ltd.(本社:英国 ロンドン市、以下「SAE社」)を通じ、スペインのバイオ農薬(注1)メーカーであるFutureco Bioscience S.A.(本社:スペイン バルセロナ市、以下「Futureco社」)に出資参画した。

バイオ農薬は、環境への負荷が極めて低く、欧州を中心に広く注目されています。登録許認可の取得費用が比較的安価であることなどを背景に、市場規模は欧米において年率10パーセント以上のペースで拡大しており、5年後には世界で6,000億円規模になると予測されています。

 SAE社は、欧州において25年以上にわたり農薬販売事業を行っており、現在、16か国に販売網を築いています。成長戦略の一つに「バイオ農薬の拡販」を掲げ、SAEグループ全体のバイオ農薬取扱高を2020年度に年商約60億円まで拡大することを目指します。

また、本出資を契機に、汎用性の高いFutureco社製品を商品ポートフォリオに取り込むことで、現在取り扱っている化学農薬の製品企画や開発の強化も相乗効果として期待しています。

 Futureco社は、研究開発に強みを持つバイオ農薬メーカーであり、バルセロナ大学や国内外の研究機関との技術提携、政府補助金の活用を通じ、革新的な新薬を製造しています。今後はSAE社が提携する圃場(注2)において効果試験などを実施し、製品開発を加速させるほか、SAE社や住友商事グループが持つ販売網を用いたグローバル展開に取り組みます。
住友商事、スペインのバイオ農薬メーカーへ出資参画
住友商事は、1970年代に日系農薬メーカー商品の輸出を皮切りに、40年以上にわたり農薬事業に取り組み、農業の生産性向上・効率化に寄与してきました。

現在は、バリューチェーンの川下分野における深化を戦略に掲げ、欧米を中心とした30カ国以上で輸入販売事業を展開しており、住友商事グループでの売上高1,500億円達成も視野に入っています。
今後は、全世界(特にアジア地域)において販売網の拡大、強化に向けた取り組みを加速します。また、バイオ農薬の取り扱いを増やすことで、多様化する農薬需要に応えるとともに、近年高まる食の安心・安全へのニーズと食料問題の解決に貢献できるものと考えています。

(注1) 農薬として利用される、昆虫、線虫、菌類などを中心とした生物または抽出物。害虫にのみ作用して益虫に作用しない選択性が特長。

(注2)農作物を育てる場所。田畑や農園など。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  2. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  3. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  4. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  5. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  6. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  7. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  8. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  9. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  10. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
  2. 日本マイクロソフトの社員食堂が日本野菜ソムリエ協会認定、植物工場野菜の販売も
     日本マイクロソフト株式会社と、社員食堂「One Microsoft Café」を受託運営しているエ…
  3. 昭和電工と山口大、植物工場・高速栽培技術に関する世界展開へ
     昭和電工のLED光源を採用した完全人工光型植物工場ユニット「SHIGYOユニット」が、山形県天童市…
  4. スペインでも店舗併設型植物工場タイプのレストランがオープン
     スペインのバレンシアにてオープンしたレストラン「vuelve carolina」では、料理の素晴ら…
ページ上部へ戻る