アグリメディア、手ぶらで楽しめる「シェア畑」が大阪府八尾市にオープン

 農業ベンチャーの株式会社アグリメディアは2月4日、大阪府八尾市に「シェア畑」を開園する。「シェア畑」は東京を中心として関東地域にて65農園の運営を行ってきました。その話題性と利便性から、大阪を中心とした関西地域においても「シェア畑」への注目が高まり、今回ついに大阪府八尾市に大阪初の「シェア畑八尾久宝寺」をオープンするに至りました。
アグリメディア、手ぶらで楽しめる「シェア畑」が大阪府八尾市にオープン
■手ぶらで楽しめるシェア畑で初心者が次々に無農薬野菜作りを体験しています。
同農園では、苗・道具・指導がすべてサービスに含まれています。これまで農業に興味があったが始めるきっかけがなかった。やり方がわからないため諦めていた方など、初心者の方が野菜作りを体験するために気軽にシェア畑の利用を開始しています。

■定年後の新たな趣味を模索する人々に注目されています。
現役時代に必死に働いて来た方が、次の趣味を探すため・夫婦の会話のため・健康のためなど様々な理由でシェア畑を利用しています。中には就農を考えている方、農園スタッフになる方など、定年後の生き方を見つける利用者がいることも注目されています。

■オーガニック野菜が子供の食育に好評です。
シェア畑の特徴は、化学肥料や農薬を使用せずに無農薬野菜を作れることです。
利用者すべてが共通ルールで栽培するため、一般的な市民農園と違い農薬が付着するリスクを軽減し、オーガニック野菜に興味がある方々に好評を受けています。

<サービス内容>
(できる事) 専用の区画で、年間20品種の野菜を自ら育てて、収穫することができる。
(特 徴) 1.初心者でも栽培できるように菜園アドバイザーの指導・サポート付
      2.種・苗・農具・資材全てが料金に含まれ、長靴一つで来園可能
      3.駐車場、トイレ、水道など付帯設備が充実
4.利用者間のコミュニティ形成を促す季節のイベントを開催

<シェア畑八尾久宝寺の特徴>
○シェア畑八尾久宝寺

住所:大阪府八尾市渋川町6丁目4付近
アクセス:JR関西本線 久宝寺駅 徒歩:7分 
           八尾駅  徒歩:16分

<アグリメディアの事業展開について>
アグリメディアは、これまで都市住民と農業をつなぐ数多くのサービス提供を行なってきており、遊休農地を活用する市民農園については、65農園を運営する、日本最大の運営事業者となっております。今年は2月開園の「シェア畑八尾久宝寺」を皮切りに、大阪を中心に今後2年間で30の新規農園をオープンする予定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  2. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  3. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  4. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  5. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  6. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  7. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  8. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  9. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  10. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
     フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では…
  2. ローソン、かんきつ類専門の農業法人を熊本に設立。商品化したものを九州各店舗にて販売
     コンビニ大手のローソンは4月4日、熊本市に同社初のかんきつ類専門の農業生産法人「ローソンファーム熊…
  3. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
  4. アオスフィールドなど、湯沢町に再エネ活用したコンテナ型のデータセンターを新設
     株式会社アオスフィールドと株式会社ゲットワークスは、新潟県南魚沼郡湯沢町に湯沢町初となるデータセン…
ページ上部へ戻る