東京・上野『大地の贈り物』にて「あまおう祭り」開催。生での食べ放題、天ぷら・サラダまで提供

株式会社ダイヤモンドダイニングが運営する上野の和食ビュッフェレストラン『大地の贈り物』では、1月16日~3月31日の期間、フレッシュあまおうをはじめ、あまおうのデザートからあまおうを使った料理まで11種のいちごメニューが食べ放題メニューにラインナップする「あまおう祭り」を開催する。

一番人気の高級品種「あまおう」をそのままかご盛りにしてフュレッシュいちごをそのまま頬張れる、いちご食べ放題を目玉にした「あまおう祭り」では、フレッシュいちごを使った料理やデザートが目白押し!

今年新しくラインナップする「いちごのチョコレートファウンテン(いちごチョコフォンデュ)」や和スイーツでいちごといえばコレ「いちご大福」も食べ放題でご用意いたします。

《開催期間》
1月16日(月)~3月31日(金)

《メニュー詳細》
<ディナー限定メニュー>

例)フレッシュあまおう
東京・上野『大地の贈り物』にて「あまおう祭り」開催、生での食べ放題、天ぷら・サラダまで提供

例)いちごの天ぷら
東京・上野『大地の贈り物』にて「あまおう祭り」開催、生での食べ放題、天ぷら・サラダまで提供

<ランチ・ディナー共通メニュー>
例)いちごと緑黄色野菜のサラダ
東京・上野『大地の贈り物』にて「あまおう祭り」開催、生での食べ放題、天ぷら・サラダまで提供

「あまおう」のご紹介
「あまおう」は、福岡県農林業総合試験場で開発され、福岡県内限定で生産されている大変人気のあるいちごです。真っ赤な色と艶があること、果実は大きく、甘さと酸味のバランスが優れていることが特徴です。

名前の由来は、「あかい」「まるい」「おおきい」「うまい」の頭文字を合せたもので、「いちごの王様になれるように」との意味が込められています。本フェアでは、福岡県農林水産物ブランド化推進協議会のご協力をいただき、良質なあまおうをご提供いたします。

80種類以上の和食メニューが揃うヘルシービュッフェ『大地の贈り物』
URL: http://r.gnavi.co.jp/g600129/
【料金(ランチ80分、ディナー120分)】
■ランチ 大人平日1,800円、土・日・祝1,990円/小学生1,000円/4歳以上500円/3歳以下無料
■ディナー大人2,900円、梅酒飲み放題プラン3,480円、梅酒+樽生スパークリングワイン飲み放題プラン3,990円、梅酒+ビール・サワー放題プラン3,990円、プレミアム飲み放題プラン4,290円/小学生1,500円/4歳以上800円/3歳以下無料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  2. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  3. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  4. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  5. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  6. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  7. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  8. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  9. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  10. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物工場向け環境制御システム開発のホーヘンドールンがメキシコにトレーニングセンター開設
     太陽光利用型植物工場・施設園芸の大手環境制御システム会社でオランダのHoogendoorn(ホーヘ…
  2. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
  3. 自然の木をイメージした垂直農場 植物工場や様々なクリーンテクノロジーを導入
    都市部における過剰な人口増加が引き起こす2つの問題は、限られた土地・空間の中での生産性向上をはかりな…
  4. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
ページ上部へ戻る