クリーク・アンド・リバー、大田区初の屋上菜園付き賃貸「菜園長屋」完成内覧会を1月15日に開催

 株式会社クリーク・アンド・リバー社は、東京都大田区の屋上菜園付賃貸タウンハウス「菜園長屋」の入居希望者向け内覧会(オープンハウス)を、1月15日(日)10:00~17:00に開催する。「菜園長屋」は大田区初の屋上菜園が付いた木造3F建てのコミュニティー型・デザイナーズ賃貸となる。

住戸は全部で6戸、間取りは2LDK(51㎡以上)で部屋は3層構造、屋上には各戸に棚田式菜園が設置されております。屋上菜園は、1戸あたり2.7~4坪の面積があり、様々な種類の野菜の収穫を楽しめます。

「屋上菜園付賃貸:菜園長屋」 完成イメージおよび現地写真
クリーク・アンド・リバー、大田区初の屋上菜園付き賃貸「菜園長屋」完成内覧会を1月15日に開催クリーク・アンド・リバー、大田区初の屋上菜園付き賃貸「菜園長屋」完成内覧会を1月15日に開催

都心の賃貸住宅で、プランターより少し広めに野菜栽培したい方に最適な物件で、お一人からファミリーまで居住可能です。賃貸ながら自宅の屋上で野菜を作れる、夢の広がる物件となっております。

設計は斬新な発想で数々の建築賞受賞歴のある、株式会社吉村靖孝建築設計事務所が行い、運営・管理は、大田区・品川区にて地域密着の賃貸管理会社で施主でもある株式会社メイショウエステートが担当。2017年1月下旬から入居可能です。

長屋とは
複数の独立した住戸が集合した一棟の建物で、各住戸に外部から直接出入りできる住居のこと。「菜園長屋」は屋上菜園付賃貸タウンハウスの通称です。

・月額賃料130,000円~140,000円
・京急本線「雑色」駅 徒歩7分
「品川」駅へ17分/「東京」駅へ30分
「横浜」駅へ15分/「羽田空港」へ14分
※乗換条件あり
・小学校・幼稚園すぐ、駅前にオーケーストア2店、にぎやかな雑色駅商店街あり

【物件概要】
■所在地:東京都大区東六郷3丁目5番
■構造:木造3階建て
■建築年月日:平成29年1月中旬
■総戸数:6戸(51.06㎡~52.17㎡)

【入居条件】
■敷金・礼金:各1カ月
■管理費:4,000円~5,000円
■保証会社加入必須(初回、総賃料の50%、毎月総賃料の1% 以後2年毎に更新1万円)
■火災保険:20,000円
■抗菌消臭施20,520円
■屋上菜園を有効活用することが入居条件

敷地面積 : 189.35㎡ / 建築面積 : 104.34㎡
延床面積 : 313.02㎡ / 住戸数 : 6戸
構 造 : 木造 地上3階建て/入居開始日 : 2017年1月下旬
施主・運営・管理 : 株式会社メイショウエステート
設 計 : 株式会社吉村靖孝建築設計事務所
施 工 : 株式会社リクレホーム
企 画 : 株式会社クリーク・アンド・リバー社

<内覧会のお申し込み先>
株式会社クリーク・アンド・リバー社 建築事業部
表題:「大田区『菜園長屋』内覧希望」
氏名、所属、電話番号、メールアドレスを本文に明記の上、info[@]arc-agency.jp にメールをお送り下さい。

■株式会社クリーク・アンド・リバー社 会社概要
本 社:東京都千代田区麹町二丁目10番9号 ?C&Rグループビル
設 立:1990年3月
代 表 者:代表取締役社長 井川幸広
ネットワーク:東京・大阪・札幌・仙台・大宮・名古屋・京都・神戸・高松・広島・福岡・熊本・那覇
/ソウル・上海・北京・カリフォルニア
事業内容:クリエイティブ・建築・ファッション・食・学術のプロフェッショナルに特化したエージェント、プロデュース、アウトソーシング、著作権及びコンテンツの管理・流通。グループには、医療・IT・法曹・会計分野がある。
URL:http://www.cri.co.jp| http://www.arc-agency.jp/(建築業界の情報サイト「アーキテクト・エージェンシー」)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  2. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  3. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  4. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  5. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  6. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  7. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  8. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  9. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  10. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  2. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
  3. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  4. サカタのタネ・住友化学園芸など、レタスや薬味の栽培用キットを全国ファミマ店舗にて販売
     サカタのタネ、ファミリーマート、住友化学園芸の3社は、野菜や草花などガーデニング分野におけるオリジ…
ページ上部へ戻る