シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ

 シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタルファーム)が全て利用され、現在は予約待ちになっている。
同ファームは80区画を個人に対して貸しており、ファーム自体は3年間の運営を予定している。年間のリース料金は57ドル/区画。貸農園(レンタルファーム)の1区画は約2.5平方メートルとなっている。

貸農園(レンタルファーム)では様々な品目が栽培されており、コーンやナス、メロンの他、各種の葉野菜・ハーブなどが栽培されている。

ここ数年でシンガポールでも都市型農業を運営する企業や非営利団体も増えており、農作物の栽培や「食」に関して興味を持つ消費者が増えている。今回もケースでも、貸農園の利用希望者は20~30代が中心であり、若い層が特に関心を持っていることが分かる。

シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ

Edible Garden Cityでは、シンガポールの都市部エリアの屋上にて小規模なファームを運営しながら、都市部住民や子供へのワークショップやレストランなどの商業施設への店舗併設型の導入や人工光型植物工場の試験栽培も行っている。写真は同社のウェブサイトより

こうした若い利用希望者は、就農や農業ビジネスには興味がなく、普段の忙しい都市生活の中で、今までとは異なる新しいストレス緩和策として植物に触れる・農作物を栽培する、ということに挑戦しているようだ。

 シンガポールでは太陽光利用型・完全人工光型の植物工場が稼働し、国内の食料自給率向上に寄与する一方で、安全・安心な国産農作物を生産するにはコスト高となってしまう。
追加コストを支払っても自国産の農作物を購入する消費者を増やすためには、レンタルファームやワークショップを通じて消費者の「食・農業」リテラシーを高めることも重要であるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  2. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  3. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  4. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  5. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  6. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  7. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  8. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  9. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  10. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
  2. 自然の木をイメージした垂直農場 植物工場や様々なクリーンテクノロジーを導入
    都市部における過剰な人口増加が引き起こす2つの問題は、限られた土地・空間の中での生産性向上をはかりな…
  3. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
  4. シカゴの都市型農業、米国農務省による100万ドル以上の補助支援を受けて農地整備・人材育成へ
     シカゴ市は米国の連邦政府補助金として100万ドルをかけて、都市型農業の整備や人材育成、新規事業の支…
ページ上部へ戻る