中国のジンコソーラー、日本高知県四万十分町営農型プロジェクトにEagleシリーズを提供

 世界第一位の太陽光発電用モジュールメーカーである中国のジンコソーラーは12月26日、日本高知県四万十町営農型(ソーラーシェアリング)プロジェクトにEagleシリーズ高効率モジュールを導入した。本プロジェクトは927.5KW、パネル約3500枚、25年間での累計発電量は約2千万KWH、火力発電量と比べ、毎年5440ドン粉塵と2万ドン二酸化炭素の発生を抑えることができる。

四万十町は海岸部に近く、台風の時期は良く通り道となっており、また冬期は積雪60cmとなります。よって、効率、高湿環境、対雪圧、対風圧等を考慮、検討の結果、ジンコソーラーEagleシリーズモジュールが温度85、85%の相対湿度のPID-FREE、対雪圧、対風圧及び高効率の発電量、高湿環境で穏やかな発電性能により、入札競合の上、採用となりました。

 ジンコソーラーEagleシリーズ高効率モジュールの影で農作物の発育が心配されましたが、サンヴィレッジ四万十社長、浜松社長と高知大学宮内先生によると、レタス、明日葉、生姜、こんにゃく等の農作物を栽培時、モジュールの影があっても農作物には影響なく、逆に農作物の生産量UPと味が良くなるとの事です。

 “自宅でも太陽光発電システムを取付け、太陽光発電には興味がありました、今回営農型プロジェクトに投資して感じたのは、太陽光発電はただ収益が取れるだけではなく、土地の活用ができ、農業と環境も守れます。”とのコメントを浜松社長から頂きました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  2. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  3. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  4. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  5. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  6. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  7. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  8. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  9. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  10. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 英国における衛星・宇宙産業と農業技術の融合。新たな新技術・産業創出へ
     9月28日にNASAが火星表面にて水が流れていたという確かな証拠を発見したというニュースが報道され…
  2. 都市近接の低コスト型植物工場にてフレッシュハーブの生産へ(アグリサーチ)
     国内外の農業資材を活用した低コスト栽培を推進する有限会社アグリサーチ(福岡県中央区)が、完全人工光…
  3. エチオピアの家族経営農家を支援。サステナブル農法「水滴収集グリーンハウス」を提案
     エチオピアの家族経営・小規模農家を支援する組織「ルーツ・アップ」では、小規模でも独立・採算性を確保…
  4. 米国の農業ビジネス、トランプ発言への影響。既に数千万円に設備投資を行う経営者も
     1月20日に米国にてトランプ新大統領が誕生するが、今後の具体的な政策方針には農業分野の経営者も注目…
ページ上部へ戻る