アシックスジャパンとアスリートフードマイスターがタッグ。マラソン大会前の食事術セミナーを開催

 株式会社アスリートフードマイスターは「スポーツでつちかった知的技術により、質の高いライフスタイルを創造する」ことをビジョンに掲げるアシックスジャパン株式会社とタイアップし、マラソンに適した食事を実践している本格ランナーが講師を務める「マラソン大会1か月前!食事術セミナー」を2017年1月27日(金)・28日(土)に開催する。
アシックスジャパンとアスリートフードマイスターがタッグ。マラソン大会前の食事術セミナーを開催
同社は、プロ・アマチュア問わずスポーツをする全ての人が「食」のサポートを受けられる社会を目指し、アスリートのパフォーマンスを最大化するため年齢別・種目別・時期別に合わせ最適な食プログラムを提供する人材を育成しております。

近年は特にスポーツ愛好の機運が高まり、フルマラソンに挑戦する人が増えております。大会当日に高機能ウェア・シューズの特性を最大限活かし、根気よく継続してきた練習の成果を発揮するには、大会当日を最高のコンディションで迎えることが必要で、食事が非常に大切なファクターとなります。

<「マラソン大会1か月前!食事術セミナー」概要>
http://athlete-food.jp/contents/hp0034/index.php?CNo=34&No=26

■セミナー内容
マラソン大会1ヶ月前の体調管理法/カーボローディングについて/
マラソン大会1週間前から心がける食事法/フルマラソンの心構え など

■セミナー開催日
(1) 2017年1月27日(金) 19:00~20:00
講師:鈴木莉紗さん <アスリートフードマイスター3級>

走暦1年半でサブスリーを達成した驚異の市民ランナー。
著書に「フルマラソンを最後まで歩かずに「完走」できる本 一番やさしい42.195kmの教科書」など。加圧トレーナーを務めながらアートスポーツ契約選手として活動している。直近では2016年10月の「水戸黄門漫遊マラソン」において2時間53分11秒の記録にて、初出場女子総合優勝。

(2) 2017年1月28日(土) 14:00~15:30
講師:大島めぐみさん <アスリートフードマイスター3級>

トラック競技でシドニー、アテネ五輪日本代表として出場。
2005年世界陸上ヘルシンキ大会マラソン銀メダリスト(団体)。ランを通じた社会貢献にも注力しつつ、プロランナー、指導者として活動する。トップ選手としての貴重な経験談には説得力があり、ゲストランナーのみならず、講演会での講話多数。一児の母である。

<「アスリートフードマイスター」概要>
■株式会社アスリートフードマイスター

取締役会長  :見城徹(株式会社 幻冬舎)
代表取締役社長:福井栄治(フードディスカバリー株式会社)
所在地     :東京都渋谷区宇田川町20-17 NMF渋谷公園通りビル4F

■資格取得者数(2016年11月末日現在)
【累計受講生数:10,973名】
・アスリートフードマイスター1級     :12名
・アスリートフードマイスター2級     :253名
・アスリートフードマイスター3級     :8,694名
・アスリートボディケア・セルフトレーナー:389名

■アスリートフードマイスター 沿革
当社は、日本野菜ソムリエ協会の講座のひとつとして、当社のプログラムを開講したことがきっかけで設立されました。アスリートフードマイスター養成講座を中心とした、講座運営及び資格認定やアスリートのための食の情報提供を行なっております。

2010年7月 日本野菜ソムリエ協会の講座のひとつとして構築、第1期開講
*トッププロ選手の奥様が資格取得。“内助の功”による、好成績が話題に*
2013年5月 「アスリートボディケア・セルフトレーナーコース」を開講
2014年2月 株式会社アスリートフードマイスター設立
2016年4月 プロアスリートの妻が研鑽を積む場
      「アスリート妻の(アス妻)会」を発足
2016年6月 累計受講生数が1万人を突破
2016年6月 アスリートフードマイスター1級第1期を開講

<「日本野菜ソムリエ協会」概要>
■一般社団法人日本野菜ソムリエ協会

理事長:福井栄治
所在地:東京都渋谷区宇田川町20-17 NMF渋谷公園通りビル4F
創立 :2001年8月7日
事業 :野菜ソムリエの資格提供と育成、
    食に関わる各種講座やコンテンツの企画開発・提供

■野菜ソムリエ資格者数(2016年11月末日現在)
<累計受講生数 58,997名>
ジュニア野菜ソムリエ:52,823名
野菜ソムリエ    :2,751名
シニア野菜ソムリエ :143名

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  2. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  3. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  4. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  5. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  6. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  7. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  8. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  9. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  10. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
  2. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     三菱化学株式会社は、株式会社ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の完全人工光型植物工場システムを…
  3. パナソニック、シンガポールにて人工光型植物工場を稼働。日本食レストラン大戸屋と提携
     パナソニック・ファクトリーソリューションズ・アジアパシフィック(PFSAP)(以下、パナソニック)…
  4. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工株式会社の植物工場システムが、イセタン クール ジャパンSDN.BHD.の運営するクアラル…
ページ上部へ戻る