深谷ねぎの中でも地元の人しか知らないおいしいネギ。新戒ねぎ(しんがいねぎ)の出荷が本格化

 深谷ねぎを中心に青果卸を行う有限会社鈴木商店と生産農家の有志は、ウェブサイト「新戒ねぎ.com」を立ち上げ、深谷ねぎの中でも特に甘くておいしい「新戒ねぎ」の情報発信を行っており、12月から新戒ねぎの出荷が本格化した。

「新戒ねぎ.com」 http://www.shingainegi.com
深谷ねぎの中でも地元の人しか知らないおいしいネギ。新戒ねぎ(しんがいねぎ)の出荷が本格化
【深谷ねぎの中でも「新戒ねぎ」は、地元の人だけが知っているおいしさ!】
「新戒ねぎ」は深谷市新戒地区の農家が生産しているもので、この地区が特に肥沃な土壌で、ねぎ作りに適しているため「深谷の中でも、新戒地区のねぎは格別」ということが、地元では誰にでも知られています。
12月に入って出荷が本格化してきて、1月にかけて出荷量がピークになっていきます。

新戒ねぎは、小規模な畑で作られているため、機械化することが難しく、出荷量は多くありません。このため卸の段階では、他地域の深谷ねぎに比べて2割ほど高い価格で取り引きされています。
しかし、店頭では同じ「深谷ねぎ」として扱われているため、一般の方には違いが認識されていません。産地である地元の人だけが知っているおいしさなのです。

【新戒ねぎの甘さは糖度13度!金属がすり減るほど硬い土だからできる】
新戒ねぎの最も甘い部分(根に近い下部)の糖度は13~15度で、これは果物の梨と同じ糖度といわれています。甘さの秘密は、この地域の硬い土にあります。野菜は、ある程度ストレスを与えないと甘みが出てきません。新戒地区の土は硬くて育ちにくいため、ねぎにストレスがかかって甘くなるのです。

この土がどのくらい硬いのかというと、金属がすり減るくらいです。ねぎを育てる際には、泥寄せという作業が必要で、耕運機のような機械を使います。機械の先には金属製の爪が付いていて、その爪がすり減ってしまうくらいに土が硬く、農家にとっては手ごわい相手です。

しかし、この土には豊富な養分が含まれています。新戒地区は、利根川と小山川との間に位置しており、昔はよく川が氾濫したため、有機質を含んだ土が新戒の大地に蓄積されて、ねぎに最適な土壌になったといわれています。

【新戒ねぎのおススメ料理は、産地ならではの味!】
新戒ねぎは、あったかい鍋料理にはもちろん、シンプルに素材の味そのものを楽しむ「焼きねぎ」もおすすめです。食べやすい大きさに切ったねぎを、フライパンできつね色になるまで焼き、仕上げに醤油を垂らすのがポイント。
アツアツの焼き立てを食べれば、ねぎの香りと甘さが広がります。
焼きねぎ(地元では「ねぎ焼き」といいます)は、深谷の農家では昔から食べられているなじみ深いもので、産地ならではの食べ方です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  2. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  3. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  4. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  5. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  6. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  7. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  8. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  9. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  10. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     福島県・南相馬市の農業法人「南相馬復興アグリ株式会社」は2月9日、太陽利用型植物工場を建設し、トマ…
  2. 1日1万株の国内最大級の植物工場 「柏の葉スマートシティ」にて本格稼働
     株式会社みらいと三井不動産株式会社は「柏の葉スマートシティ」において国内最大級の植物工場「柏の葉 …
  3. タキイ種苗、機能性野菜「ファイトリッチ」シリ−ズのタネを発売
     タキイ種苗株式会社は、野菜の"機能性成分"を豊富に含み"おいしさ"を兼ね備えた『ファイトリッチ』シ…
  4. いすゞ自動車、ミドリムシの開発ベンチャーのユーグレナ社と次世代バイオディーゼルの実用化へ
    いすゞ自動車は2014年6月25日、ミドリムシ(微細藻類ユーグレナ)を用いた製品を展開するバイオベン…
ページ上部へ戻る