深谷ねぎの中でも地元の人しか知らないおいしいネギ。新戒ねぎ(しんがいねぎ)の出荷が本格化

 深谷ねぎを中心に青果卸を行う有限会社鈴木商店と生産農家の有志は、ウェブサイト「新戒ねぎ.com」を立ち上げ、深谷ねぎの中でも特に甘くておいしい「新戒ねぎ」の情報発信を行っており、12月から新戒ねぎの出荷が本格化した。

「新戒ねぎ.com」 http://www.shingainegi.com
深谷ねぎの中でも地元の人しか知らないおいしいネギ。新戒ねぎ(しんがいねぎ)の出荷が本格化
【深谷ねぎの中でも「新戒ねぎ」は、地元の人だけが知っているおいしさ!】
「新戒ねぎ」は深谷市新戒地区の農家が生産しているもので、この地区が特に肥沃な土壌で、ねぎ作りに適しているため「深谷の中でも、新戒地区のねぎは格別」ということが、地元では誰にでも知られています。
12月に入って出荷が本格化してきて、1月にかけて出荷量がピークになっていきます。

新戒ねぎは、小規模な畑で作られているため、機械化することが難しく、出荷量は多くありません。このため卸の段階では、他地域の深谷ねぎに比べて2割ほど高い価格で取り引きされています。
しかし、店頭では同じ「深谷ねぎ」として扱われているため、一般の方には違いが認識されていません。産地である地元の人だけが知っているおいしさなのです。

【新戒ねぎの甘さは糖度13度!金属がすり減るほど硬い土だからできる】
新戒ねぎの最も甘い部分(根に近い下部)の糖度は13~15度で、これは果物の梨と同じ糖度といわれています。甘さの秘密は、この地域の硬い土にあります。野菜は、ある程度ストレスを与えないと甘みが出てきません。新戒地区の土は硬くて育ちにくいため、ねぎにストレスがかかって甘くなるのです。

この土がどのくらい硬いのかというと、金属がすり減るくらいです。ねぎを育てる際には、泥寄せという作業が必要で、耕運機のような機械を使います。機械の先には金属製の爪が付いていて、その爪がすり減ってしまうくらいに土が硬く、農家にとっては手ごわい相手です。

しかし、この土には豊富な養分が含まれています。新戒地区は、利根川と小山川との間に位置しており、昔はよく川が氾濫したため、有機質を含んだ土が新戒の大地に蓄積されて、ねぎに最適な土壌になったといわれています。

【新戒ねぎのおススメ料理は、産地ならではの味!】
新戒ねぎは、あったかい鍋料理にはもちろん、シンプルに素材の味そのものを楽しむ「焼きねぎ」もおすすめです。食べやすい大きさに切ったねぎを、フライパンできつね色になるまで焼き、仕上げに醤油を垂らすのがポイント。
アツアツの焼き立てを食べれば、ねぎの香りと甘さが広がります。
焼きねぎ(地元では「ねぎ焼き」といいます)は、深谷の農家では昔から食べられているなじみ深いもので、産地ならではの食べ方です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  2. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  3. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  4. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  5. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  6. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  7. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  8. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  9. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  10. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
     米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加…
  2. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
  3. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
  4. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
ページ上部へ戻る