小田急電鉄と神奈川中央交通、ICT技術を活用した施設栽培による高糖度トマトを販売

植物工場IT活用事例セミナー

 小田急電鉄株式会社と神奈川中央交通株式会社は、共同事業により神奈川中央交通が相模原市に保有する未利用地を活用し、2016年8月から高糖度ミニトマトの栽培を開始しており、12月24日から商品名を「かなか(神奈果)」として、小田急沿線のスーパー「Odakyu OX」や小田急百貨店で販売する。
小田急電鉄と神奈川中央交通、ICT技術を活用した施設栽培による高糖度トマトを販売
高糖度トマト「かなか」は、ICT技術を活用し常時成育状況を監視しているビニールハウスにおいて、フイルム栽培(アイメック(R)農法)で育てられた、甘みや栄養価を蓄えた高糖度ミニトマトです。

「かなか」の販売開始にあわせ小田急電鉄と神奈川中央交通は「おいしい、あんしん、沿線農業。『小田急アグリズム』」として地産地消にこだわったアグリビジネスに本格参入いたします。
小田急グループでは、社会的課題である休耕地問題の解消や就労機会の創出などの地域の活性化を図るとともに、沿線で育てた農産物を、グループの店舗を通じて、鮮度の良い状態で、沿線のお客さまにお届けいたします。

1.商品名
「かなか(神奈果)」
神奈川県で栽培しており、果実のように甘いことから命名しました。

2.販売開始日:2016年12月24日(土)

3.販売店舗
(1)Odakyu OX(経堂店、成城学園前店、相模大野店など)
(2)小田急百貨店(新宿店、町田店、藤沢店)

4.生産地
小田急・神奈中ファーム 城山農場
所在:神奈川県相模原市緑区城山三丁目143番 外