小田急電鉄と神奈川中央交通、ICT技術を活用した施設栽培による高糖度トマトを販売

 小田急電鉄株式会社と神奈川中央交通株式会社は、共同事業により神奈川中央交通が相模原市に保有する未利用地を活用し、2016年8月から高糖度ミニトマトの栽培を開始しており、12月24日から商品名を「かなか(神奈果)」として、小田急沿線のスーパー「Odakyu OX」や小田急百貨店で販売する。
小田急電鉄と神奈川中央交通、ICT技術を活用した施設栽培による高糖度トマトを販売
高糖度トマト「かなか」は、ICT技術を活用し常時成育状況を監視しているビニールハウスにおいて、フイルム栽培(アイメック(R)農法)で育てられた、甘みや栄養価を蓄えた高糖度ミニトマトです。

「かなか」の販売開始にあわせ小田急電鉄と神奈川中央交通は「おいしい、あんしん、沿線農業。『小田急アグリズム』」として地産地消にこだわったアグリビジネスに本格参入いたします。
小田急グループでは、社会的課題である休耕地問題の解消や就労機会の創出などの地域の活性化を図るとともに、沿線で育てた農産物を、グループの店舗を通じて、鮮度の良い状態で、沿線のお客さまにお届けいたします。

1.商品名
「かなか(神奈果)」
神奈川県で栽培しており、果実のように甘いことから命名しました。

2.販売開始日:2016年12月24日(土)

3.販売店舗
(1)Odakyu OX(経堂店、成城学園前店、相模大野店など)
(2)小田急百貨店(新宿店、町田店、藤沢店)

4.生産地
小田急・神奈中ファーム 城山農場
所在:神奈川県相模原市緑区城山三丁目143番 外

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  2. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  3. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  4. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  5. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  6. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  7. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  8. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  9. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  10. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  2. いすゞ自動車、ミドリムシの開発ベンチャーのユーグレナ社と次世代バイオディーゼルの実用化へ
    いすゞ自動車は2014年6月25日、ミドリムシ(微細藻類ユーグレナ)を用いた製品を展開するバイオベン…
  3. 韓国ソウル市、規制緩和により垂直農場・植物工場プロジェクトを計画
     韓国ソウル市にて垂直農場プロジェクトが計画されている。ソウル市は4月13日、ソウル市特別市南西部に…
  4. エチオピアの家族経営農家を支援。サステナブル農法「水滴収集グリーンハウス」を提案
     エチオピアの家族経営・小規模農家を支援する組織「ルーツ・アップ」では、小規模でも独立・採算性を確保…
ページ上部へ戻る