日本の農産物加工・伝統食品など物販可能な展示会がオーストラリア・シドニーにて開催

 2017年6月23日~6月25日までの3日間、オーストラリアのシドニーにて「グッドフード&ワインショー2017」が開催される。 MHA Franchising社は、日本の農産物加工品や伝統食品などをアピールする場「Taste of Japan」をもうけ、世界の日本食ブームに合わせて、オーストラリア国内への販路拡大を支援する。
日本の農産物加工・伝統食品など物販可能な展示会がオーストラリア・シドニーにて開催

日本の農産物加工品・お米、伝統食品なども販売できる

 今回の展示会では、アルコール類(ワイン等)、農産物加工品(野菜、果物、お米等)、水産加工品(フォアグラ等)、オーガニック食品から調理器具まで、食に関する全てが会場内に展示され、出展者は商品を販売することができる

例えば、日本の野菜や果物を利用した加工品や醤油・味噌・豆腐などのヘルシーな伝統食品、さらには日本の”お米”まで、様々な日本フードを出店・販売することができる。

来場者には富裕層も多く、平均年収は1000万円以上

 本イベントへの来場者は「食」に関する新しい商品・アイデア・トレンドを探しに来ており、法人企業だけでなく一般の人も参加することができる。一人当たりの平均購買額は「280豪ドル」=「約2万4000円」である。

参加者の73%が女性であり、平均滞在時間は4時間半。参加者の平均年収は「1000万~1500万円」となっており、ある程度の所得がある消費者へ商品をアピールしたり、会場内にて販売することができる。

展示会イベント情報 グッドフード&ワインショー2017

日程:2017年6月23日(金)~ 25日(日)
会場:インターナショナルコンベンションセンター・ダーリングハーバー(シドニー)
主催:MHA Franchising(Taste of Japan内)、Talk2 Media and Events
規模:出展社数200店舗以上
来場者数:約30,000人(ローカル)
入場料:$25~$30
詳細URL:http://goodfoodshow.com.au/sydney/whats-on/overview/

日本企業・生産者による出展申込や視察ツアーの受け入れも可能

 出展する場合は「Taste of Japan」エリア内の<2m×2mx2.5m>のブーススペースが提供されます。出展費用はブースの(レンタルのみ)~(フルパッケージ)まで、希望によって費用が異なるため、まずは弊社までお問合せ下さい。日本語対応可能な担当者をご紹介させて頂きます。

現地販売商品のチェックや通訳、事前アドバイスから英語表現フライヤー作成等サポートまでトータルで支援することも可能です。なお、開催は6月ですが、すでに出展企業数の7~8割が埋まっていることから、興味がある企業・生産者様はお早めにご相談下さい。

 出展申込の他、6月に開催する展示会への参加や関連企業への視察コーディネートも可能ですので、ご要望があれば別途、ご相談下さい。

詳細資料・費用について問い合わせる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  2. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  3. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  4. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  5. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  6. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  7. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  8. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  9. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  10. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
    2008年7月12日に、植物工場ビジネスに関して(株)フェアリーエンジェル、代表取締役の江本謙次氏を…
  2. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     福島県・南相馬市の農業法人「南相馬復興アグリ株式会社」は2月9日、太陽利用型植物工場を建設し、トマ…
  3. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
  4. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
ページ上部へ戻る