富士種菌と三喜工務店が連携し、シイタケ栽培と太陽光発電のシェアリング事業を展開

 しいたけ菌の研究・開発・製造を行う株式会社富士種菌と、太陽光発電架台の開発・製造を行う株式会社三喜工務店は、農家が農業収入だけでなく、太陽光発電所も兼ねるソーラーシェアリング事業に共同で取り組むことを発表した。これから、全国に点在する原木しいたけ農家と、原木しいたけの新規就農向けに展開をしていく。

富士種菌と三喜工務店が連携し、シイタケ栽培と太陽光発電のシェアリング事業を展開株式会社三喜工務店が愛知県で初めて取り組んだしいたけ農園(愛知県小牧市)。総面積約3400㎡。

富士種菌と三喜工務店が連携し、シイタケ栽培と太陽光発電のシェアリング事業を展開設置された太陽光パネルは1,125枚。年間発電量は30万kWhを超え、原木は5500本以上。

きのこ栽培の重要な役割
 日本の森林には、5000種を超えるたくさんのキノコが自生している。きのこは食物繊維を多く含み、低カロリーで生活習慣病の改善にもなる機能性成分を含有しており、高齢化社会を迎えたわが国において健康維持に欠かせない食品である。

きのこ生産は林業が停滞する中で、山間地の農林家の複合経営上大きな位置を占めており、間接的に里山の整備、森林の公益的機能維持に重要な役割を果たしている。中でも原木しいたけはその中核的存在として、ホダ木となるコナラ、クヌギ等を活用し、森林資源を循環利用する重要な役割を担っている。

しかし、一方で農山村では過疎化や高齢化、後継者不足で空洞化が加速すると云う農林業の厳しい現実がある。そうした構造的な問題から原木しいたけも残念ながら減少の一途を辿っている。

原木しいたけ栽培の優位性
 原木シイタケは他のキノコ栽培と違い、パイプハウスなど簡易な施設を利用し、天候に左右されず一年を通して安定した栽培が可能である。その上、天候の変化や自然災害にも強く、経営安定性にも優れている。

栽培規模の大小や経営形態のバリエーションは豊富で、専業経営はもちろんのこと、いろいろな農作物との複合経営においても栽培効率を落とさず、自分のペースで経営が出来る。そのため、高齢者や女性でも安心して栽培ができるのも原木シイタケならではの優れた特徴と言える。

 原木シイタケはコナラやクヌギなど樹齢20年程の広葉樹を使い栽培する。伐採した樹木の切り株からは新しく芽がふき、再びCO2を活発に吸収しながら成長し、それを繰り返すことで健康的な森が維持される。原木シイタケ栽培は循環型の農業であると同時に、里山資源の有効活用を通じ、近年荒廃が危惧される里山の環境保全にも貢献出来る。自然を生かしつつ、無農薬で栽培する安全な原木しいたけ栽培が改めて見直され始めている。

相性抜群!?しいたけ×太陽光発電
 今回、三喜工務店の実例でも実証済だが、太陽光パネルとしいたけ栽培は相性が抜群だ。太陽光パネルの下は日陰となり、適度に日差しを遮ることで森の中のような環境となる。しいたけはこのような環境を好み、よく発育をする。太陽光パネル下での農業は数多く実現しているが、発電効率を考えても遮光率90%で栽培が出来る原木しいたけは、相性が抜群である。

 現在、地球温暖化が進む中、夏の暑さは異常となり、従来のホタ場では夏の強い日差し遮ることが難しい。しいたけ栽培における日射コントロールの工夫も必要であり、農家の悩みの種でもある。太陽光パネルを活用することはそのような悩みも解決出来る。

また、新規や建替えで栽培施設を作りたい場合にも有効だ。栽培施設を作る資金や、組立時間などで悩まれる農家も多い中、建設費を売電収入で返済出来る上、パネル下で効率よくしいたけ栽培も出来る。

しいたけの栽培施設として太陽光発電を行うことにより、売電収入も見込め、経営が楽になることも魅力である。健全な経営が出来れば、後継者も現れ農業の継続も見込める。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  2. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  3. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  4. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  5. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  6. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  7. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  8. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  9. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  10. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
  2. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
  3. 植物工場向け環境制御システム開発のホーヘンドールンがメキシコにトレーニングセンター開設
     太陽光利用型植物工場・施設園芸の大手環境制御システム会社でオランダのHoogendoorn(ホーヘ…
  4. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
ページ上部へ戻る