植物工場や節水技術など環境適応型農業のグローバル市場規模は2015年で20億ドル

植物工場や節水技術、環境制御型農業など「環境適応型農業」のグローバル市場規模は2015年で20億ドル

 国内では農業改革が推進され、AIやIoT、ビッグデータといった次世代基幹技術の活用が期待される農業分野。海外に目を向けると、ハイテク技術を駆使した近代的節水農業により世界随一の農業国へと発展を遂げたイスラエルのように、少ない雨量などの気候に適応し、農業イノベーションを実現した例などが見られます。

また、日本の大企業でも東レとニットメーカーのミツカワが土壌の代わりとなる筒状の繊維「ロールプランター」を用いて南アフリカで砂漠の農地転換に成功し、パナソニックと京都大学が「水をはじく砂」による砂漠農業の実現と海外展開を目指すなど、地理的条件に限定されない農業ビジネスを創出しようとする動きが起こりつつあります。

 このように、自然条件や気候変動に適応、あるいは人工的に自然条件を創出する技術を適用した「環境適応型農業」のグローバル市場規模は2015年で20億ドル、2025年時点で80億ドルと見込まれています。

日本では大企業が先頭に立つ形で海外での実証実験などが行われつつある環境適応型農業ですが、国内外の大学・研究機関やベンチャー企業、クラウドファンディングなども巻き込んだイノベーション・エコシステムの構築に関しては未だ模索段階にあります。

アスタミューゼ株式会社では、研究テーマ・クラウドファンディングプロジェクトを、それぞれ研究フェーズ・製品化フェーズのアイデアと捉え、「環境適応型農業」におけるイノベーションの動向を分析、その結果をご紹介します。

研究テーマ数が横ばいの中、クラウドファンディング件数が急増

今回調査対象としたのはアスタミューゼが保有する世界最大級の研究テーマ・クラウドファンディング(CF)データベースです。(※3)(※4)
植物工場や節水技術など環境適応型農業のグローバル市場規模は2015年で20億ドル
※)2014-2015年に関しては、データ取得元DBの整備状況により、集計外となっている場合があります。

グラフの件数推移を見ると、研究テーマ数はほぼ横ばい状態の中で、クラウドファンディングのプロジェクト件数が急増、直近の5年間で約14倍の伸びを見せていることから、この分野におけるイノベーションが研究フェーズから製品化フェーズに移行しつつあることが読み取れます。

環境適応型農業におけるイノベーションを模索する大企業にとっては、研究テーマだけではなく、クラウドファンディングの製品アイデアからも事業化を検討する好機といえるでしょう。

(※3)研究テーマの年次は研究開始年準拠。NSF(米)・NIH(米)・DGF(独)・KAKEN(日)の競争的研究資金プロジェクトとして採択された研究テーマが対象。
(※4)クラウドファンディングの年次はプロジェクト終了年準拠。

「水資源の最適化」「四季の創出」「環境適応型作物」など注目の技術も

クラウドファンディングで注目されるプロジェクトとしては、日本の農業ベンチャー、SenSprout社があります。同社はプリンテッド・エレクトロニクス技術により土壌中の水分をセンシング・最適化することで世界の水資源を有効活用するというプロジェクトを掲げ、Indiegogo上で2015年までに約2000万円を集めました。

海外のクラウドファンディングプロジェクトでは、カリフォルニア拠点のベンチャーであるEdyn社がスマート・ガーデニングシステムに対し、Kickstarter上で2014年までに約4500万円を集めました。これは土壌センサが取得したデータをスマートフォンで監視でき、かつそれと連携した給水ガジェットにより適切な給水を行うことができるというものです。

また、2013年には農業分野のテクノロジーやベンチャー企業に特化したクラウドファンディングプラットフォーム、『AgFunder』が開設され、これまでに16社が総額約39億円を調達しています。

研究テーマで注目されるのは、東京農工大学の萩原勲教授らによる「ブルーベリーの秋季開花・結実誘導条件の解明とオフシーズン連続生産法の開発」(2012年)で、この研究成果により「ブルーベリーの生産方法、及び該方法により得られる連続開花性ブルーベリー(特許5717111)」が特許化されています。

このシステムはポット栽培のブルーベリーのライフサイクルを倍速することで収量の増加を図るというもので、太陽光・人工光併用型果樹工場に春夏秋冬の気候を再現した部屋を設け、ポットを回転式コンベアに載せてそれぞれの部屋間を移動させるという、人工的な「四季の創出」ともいえるものです。

また、海外の研究テーマでは、ドイツ・ボン大学教授Dr. Dorothea Bartelsらによる研究テーマ「水利用効率と干ばつストレス耐性:Water use efficiency and drought stress responses: From Arabidopsis to Barley」(2015年)は、遺伝子の干ばつ耐性に寄与するメカニズムを、大麦とシロイヌナズナを組み合わせて解析するというものがあります。

環境適応型農業の主な技術要素
点滴灌漑、液肥混入システム、温度環境コントローラー、地中灌漑、水ストレス計測装置、湿潤域モニタ装置、自動潅水装置、水耕栽培、フィルム農法、品種改良技術、リスクマネジメント、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)、ガスの排出削減、項温帯性品種、栽培方法の改良等の適応策、気候予測モデル、植物の生育・環境応答、予測モデル、環境適応型植物設計システム、気象予測、情報提供システム、生産性向上システム

アスタミューゼ株式会社 http://www.astamuse.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  2. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  3. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  4. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  5. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  6. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  7. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  8. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  9. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  10. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 韓国ソウル市、規制緩和により垂直農場・植物工場プロジェクトを計画
     韓国ソウル市にて垂直農場プロジェクトが計画されている。ソウル市は4月13日、ソウル市特別市南西部に…
  2. フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
     フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では…
  3. ネパール・カトマンズ市による都市型農業・屋上ファームの普及、住民へのトレーニングも実施
     ネパールのカトマンズ市は都市型農業や都市緑化を拡大させるため、住民150戸に対して屋上・テラス等の…
  4. 日本マイクロソフトの社員食堂が日本野菜ソムリエ協会認定、植物工場野菜の販売も
     日本マイクロソフト株式会社と、社員食堂「One Microsoft Café」を受託運営しているエ…
ページ上部へ戻る