デアゴスティーニによる家庭用LED植物工場の第2弾。野菜・ハーブの水耕栽培キットを販売開始

 株式会社デアゴスティーニ・ジャパンは、LED光源を採用した家庭用・小型植物工場を簡単に楽しめる「LEDプランター グリンテリア(greenteria)」シリーズの第2弾として、自宅で気軽に野菜やハーブなどの水耕栽培を楽しめる商品を2016年12月20日より一部地域の書店、インテリアショップや雑貨店、ホームページにて発売を開始する。

● 第1弾商品「デアゴスティーニ、家庭用のLED植物工場キットを販売。野菜だけでなく多肉植物の栽培も可能
デアゴスティーニによる家庭用LED植物工場の第2弾。野菜・ハーブの水耕栽培キットを販売開始
■手に取りやすい価格、にもかかわらずこのスペック!
 本商品のLEDプランターは、たくさんの皆様に気軽に「LED栽培」をお楽しみいただけるように、組立式にし、手に取りやすい価格を実現しました。また、充実の「LED栽培ライフ」を実現していただくために、白色LED、タイマー式ポンプなどを搭載。省スペースで8株どっさり育てられる工夫も施したデザイン、サイズになっています。この価格で、このハイスペックな「LEDプランター」で、ご家庭でのグリーンライフを楽しみいただけます。

■誰でも簡単! LEDで完全無農薬のおいしい野菜やハーブ、実ものや花を栽培!
「LEDプランター グリンテリア(greenteria)」シリーズは、未来の産業技術として注目を集めている「LED栽培」を自宅で簡単に楽しめます。「LEDプランター グリンテリア(水耕栽培用)」は、虫がつきにくく、新鮮な野菜やハーブ、トマト、イチゴなどの実ものや花を育てることができます。

キットには「リーフレタス」と「ブロッコリースプラウト」の専用種子が付いているので、購入後すぐに水耕栽培を始めることができます。専用種子セットも豊富なラインアップを用意しています。

また、本シリーズ第1弾の 「LEDプランター グリンテリア 多肉植物用」は、LEDを使用することで、屋内では育てるのが難しい多肉植物を、白色LEDと、昼・夜を作り出すタイマー機能により、常に良好な状態で栽培することができます。多肉植物は、直販サイトで、国内ブランドの高品質な苗やプロによるアレンジ苗をセレクトしてお届けしています。

■第2弾はキットに種子が付属!通販では全27種類の「専用種子セット」をご用意!
「LEDプランター グリンテリア(水耕栽培用)」は付属の専用種子により、ご購入後、直ちに栽培が始められます。
それ以外の野菜、ハーブの種子や花、実ものの苗も通販サイトで販売。本商品で育てるのに適した種子・専用培養液・スポンジ・カップがセットになった「専用種子セット」で、「次はどのような野菜を育てよう?」と収穫シーンを思い浮かべながら種や苗を選ぶのも楽しみの1つになります。

キットに付属する「セットアップガイド」では「LEDプランター グリンテリア」の組み立て方のみならず、採れたての野菜ならではのおいしいレシピ、各野菜の特徴など、写真も豊富に掲載しているので、組み立てながら楽しく知識を得ることができます。

​「LEDプランター グリンテリア(greenteria)」商品概要
デアゴスティーニによる家庭用LED植物工場の第2弾。野菜・ハーブの水耕栽培キットを販売開始
《販売店情報》 全国書店(実物見本取り扱い店舗につきましては弊社WEBをご参照ください)
詳細URL http://deagostini.jp/led/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  2. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  3. 日栄インテックG、コンテナ型植物工場「スーパーアグリプラント」の販売を開始
     日栄インテックグループは、配管支持金具・太陽光架台メーカーとして豊富な実績と、多年にわたる野菜栽培…
  4. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  5. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  6. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  7. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  8. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  9. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  10. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
  2. オーストラリア、農業分野の人材獲得競争が激化
     米国でも農作業員の人材不足を危惧し、さらなる自動化を進める生産者が増えているが、農業大国のオースト…
  3. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
     弊社では2015年5月より5ヶ月間、イタリア北部はミラノで開催されているミラノ万博へ訪問取材を実施…
  4. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
ページ上部へ戻る