富士通など、フィンランドに完全人工光型植物工場を活用する農作物の生産・販売を行う新会社を設立

 富士通株式会社と株式会社富士通九州システムズ(FJQS)は、Robbe’s Little Gardenとの共同出資により、農業ICTシステムを導入した植物工場を活用し、農作物の生産・販売を行う新会社「Fujitsu Greenhouse Technology Finland Oy(FGTF)」をフィンランドで設立し、先月の11月17日に事業を開始した。
富士通など、フィンランドに完全人工光型植物工場を活用する農作物の生産・販売を行う新会社を設立
富士通の食・農業分野向けクラウドサービス「FUJITSU Intelligent Society Solution 食・農クラウド Akisai」や、LEDを用いた完全人工光型、多段式栽培棚、フルオートメーションなど最新技術を導入した植物工場を活用し、2017年度上期より本格生産を開始する。

現地の新会社にてLED光源を導入した6段の完全人工光型植物工場を約3億円をかけて建設。敷地面積は約1,300m2、6段を合計した栽培面積は約3,400m2となる。

 富士通グループと現地のRobbe’s Little Gardenは、FGTFの事業を通じ、冬季において日照時間が少なく厳しい気候となるフィンランドにおいて、ベビーリーフやリーフレタスなど葉物野菜を中心とした農作物の通年での安定生産・供給を実現する。
また、本事業で得られたノウハウやクラウドサービス、生産設備をパッケージ化し、EU圏内でのビジネス展開を目指します。

■背景
 新鮮な農作物を消費者に供給するためには、消費地に近い場所で生産することが重要ですが、北欧地域では、冬季の日照時間が短く日差しも弱いために、その期間は農作物の生産が困難です。

そこで、フィンランドでは、北欧特有の気候の影響を受けずに農作物の生産が可能な植物工場事業の支援に力を入れていますが、自国の需要を満たす生産量には届いておらず、一部輸入に頼っている現状です。
特に葉物野菜の場合は、主に欧州南部で生産されたものが北欧地域に輸送されているため、収穫から消費者に届くまで時間を要し、鮮度の低下が課題となっています。

フィンランドにおける農作物の通年での安定生産・供給の実現に向け、富士通グループは、フィンランドにおいて植物工場による農作物の生産・販売を行う新会社FGTFを、Robbe’sとの共同出資で設立しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  2. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  3. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  4. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  5. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  6. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  7. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  8. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  9. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  10. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
  2. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
  3. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
  4. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
ページ上部へ戻る