田園社会イニシアティブ、農業のシェアリングエコノミーを形成するサービス第一弾「ファーマーズ・ナレッジ」を開設

 田園社会イニシアティブ株式会社では、農業経営の知恵・知識・経験をシェアするWEBメディアサイトの開設およびアプリの提供を開始した。
当社は農業とそれを支える農資源・地域資源を次の世代に引き継ぐことをテーマに、農業内外の幅広い方々の協力を集め、これからの農業や地域のあり方・課題解決を考える農業経営者応援プロジェクトを展開しております。
 田園社会イニシアティブ、農業のシェアリングエコノミーを形成するサービス第一弾「ファーマーズ・ナレッジ」を開設
プロジェクトを推進する中で、農業分野においてもシェアリングエコノミーの需要と重要性が高まりつつありながら、農業専門の本格的なサービスが見当たらず、当サービスの構築に至りました。

▼サイトURL: http://beans-net.jp/smartbeans/

<サービスの概要>
農業経営者に対し経営資源である「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」に「コト」「経験」を農業内外のステークホルダーと共有するシェアリングエコノミーを提供するOtoO(オンライン・ツー・オフライン)プラットフォームサービスです。

新規就農者ならびに経験の浅い農業経営者、またもっと農業を面白くしたい、稼ぎたい、地域と共に成長したい農業経営者を対象にしています。新規就農者の確保・支援に悩む地方自治体等のサポートサイトとしての利用も見込まれます。

<サービスの展開>
農業シェアリングサービス第一弾として、農業内外の幅広い「知」を共有しこれからの農業を学び考える「情報」共有サービス『ファーマーズ・ナレッジ』をリリースしました。

堅くなりがちな農業情報をわかりやすく、動画を効果的に用いることで、明るく楽しい切り口での情報提供と企画を随時開催。これから農業を始めたい人や新規就農者にとっての農業の入り口として先輩農家さんの経験を学んだり、協力を得たり、悩みを発信する場として、また、農業の新しい可能性を求める人々のイノベーション・インキュベーションの場としての活用を見込んでいます。

2017年1月には第二弾として農家さんの夢を叶えるために専門知識を持った人を集めたり(農業プロボノ)、農業器具の貸し借りや人手の募集、収穫体験の案内、など「ヒト」「モノ」「カネ」「コト」「経験」をシェアする『ファーマーズ・シェア』を、また同時期に、農家さんの声から生まれた直感的に画像・動画で記録しシェアできる栽培記録アプリ『ファーマーズ・ノート』のリリースを予定しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  2. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  3. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  4. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  5. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  6. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  7. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  8. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  9. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  10. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 1日1万株の国内最大級の植物工場 「柏の葉スマートシティ」にて本格稼働
     株式会社みらいと三井不動産株式会社は「柏の葉スマートシティ」において国内最大級の植物工場「柏の葉 …
  2. タキイ種苗、トマト黄化葉巻病耐病性の大玉トマト「桃太郎ピース」を発売
     タキイ種苗株式会社は、2014年の新品種として食味と秀品性にすぐれ、夏場のハウス栽培にて急速に発生…
  3. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  4. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1) 台湾では植物工場ブーム?! 国内に60ヶ所以上…
ページ上部へ戻る