コロワイド、「しゃぶしゃぶ温野菜」がベトナム ハノイ市へ初進出。「牛角」も含めたブランドの海外展開を加速

日本国内、海外13の国・地域へ約2,700店舗を展開する外食企業、株式会社コロワイドの子会社である、株式会社レインズインターナショナルは、2016年12月14日にベトナム1号店(フランチャイズ)となる「しゃぶしゃぶ 温野菜」を、ハノイ市のVincom Mega Mall Royal City内にオープンした。
同グループ企業のCOLOWIDE VIETNAM.,JSC(コロワイドベトナム社、本社:ベトナム ハノイ市)を通して、「しゃぶしゃぶ 温野菜」を、今後5年間で30店舗、ベトナム国内に出店してまいります。
コロワイド、「しゃぶしゃぶ温野菜」がベトナム ハノイ市へ初進出。「牛角」も含めたブランドの海外展開を加速
コロワイドグループでは、引き続きASEAN諸国を中心としたアジアへの展開を進めており、2019年までに、海外450店舗体制の実現に向け、「牛角」「しゃぶしゃぶ 温野菜」ブランドを主軸に出店を加速してまいります。

■「しゃぶしゃぶ 温野菜」
国内のしゃぶしゃぶチェーンとしては、No.1の店舗数(自社調べ)で圧倒的なシェアをもつ「しゃぶしゃぶ 温野菜」。2000年に1号店を開業して以来、数多くのお客様よりご愛顧頂き、現在では国内388店舗・海外13店舗(2016年10月末現在)を展開する、日本最大のしゃぶしゃぶチェーンです。

■店舗概要
店舗名   :Vincom Mega Mall Royal City店
所在地   :B2-R6-40B Vincom Mega Mall Royal City 72 Nguyen trai,
       Thanh Xuan,Hanoi.
席数    :128席
坪数    :78.6坪
面積    :260m2
月商目標額 :80,000 US D
客単価   :13~18 US D
営業時間  :11:00AM~10:00PM(年中無休)
電話番号  :+84-(0)46-285-3880
主力メニュー:しゃぶしゃぶ料理

■フランチャイズ運営会社
商号  :COLOWIDE VIETNAM.,JSC/コロワイドベトナム社
代表者 :代表取締役社長 高坂 信太郎
事業内容:ベトナム、カンボジアおける外食運営・FC事業
資本金 :300万US D

■コロワイドグループ【海外店舗数】
ASIA :2,529
   (JAPAN:2,443、KOREA:6、TAIWAN:28、HONG KONG:14、
   PHILIPPINES:1、SINGAPORE:6、VIETNAM:12、THAILAND:5、
   MALAYSIA:1、INDONESIA:12、CAMBODIA:1)
USA  :34
CANADA:4
※店舗数は、2016年10月末現在

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  2. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  3. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  4. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  5. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  6. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  7. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  8. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  9. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  10. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
  2. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
  3. 山形包徳、植物工場による低硝酸・低カリウムレタスが透析患者用として院内給食に採用
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社山形包徳では、同社の福祉事業部が運営する障がい者主体の低カリ…
  4. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
ページ上部へ戻る