コロワイド、「しゃぶしゃぶ温野菜」がベトナム ハノイ市へ初進出。「牛角」も含めたブランドの海外展開を加速

日本国内、海外13の国・地域へ約2,700店舗を展開する外食企業、株式会社コロワイドの子会社である、株式会社レインズインターナショナルは、2016年12月14日にベトナム1号店(フランチャイズ)となる「しゃぶしゃぶ 温野菜」を、ハノイ市のVincom Mega Mall Royal City内にオープンした。
同グループ企業のCOLOWIDE VIETNAM.,JSC(コロワイドベトナム社、本社:ベトナム ハノイ市)を通して、「しゃぶしゃぶ 温野菜」を、今後5年間で30店舗、ベトナム国内に出店してまいります。
コロワイド、「しゃぶしゃぶ温野菜」がベトナム ハノイ市へ初進出。「牛角」も含めたブランドの海外展開を加速
コロワイドグループでは、引き続きASEAN諸国を中心としたアジアへの展開を進めており、2019年までに、海外450店舗体制の実現に向け、「牛角」「しゃぶしゃぶ 温野菜」ブランドを主軸に出店を加速してまいります。

■「しゃぶしゃぶ 温野菜」
国内のしゃぶしゃぶチェーンとしては、No.1の店舗数(自社調べ)で圧倒的なシェアをもつ「しゃぶしゃぶ 温野菜」。2000年に1号店を開業して以来、数多くのお客様よりご愛顧頂き、現在では国内388店舗・海外13店舗(2016年10月末現在)を展開する、日本最大のしゃぶしゃぶチェーンです。

■店舗概要
店舗名   :Vincom Mega Mall Royal City店
所在地   :B2-R6-40B Vincom Mega Mall Royal City 72 Nguyen trai,
       Thanh Xuan,Hanoi.
席数    :128席
坪数    :78.6坪
面積    :260m2
月商目標額 :80,000 US D
客単価   :13~18 US D
営業時間  :11:00AM~10:00PM(年中無休)
電話番号  :+84-(0)46-285-3880
主力メニュー:しゃぶしゃぶ料理

■フランチャイズ運営会社
商号  :COLOWIDE VIETNAM.,JSC/コロワイドベトナム社
代表者 :代表取締役社長 高坂 信太郎
事業内容:ベトナム、カンボジアおける外食運営・FC事業
資本金 :300万US D

■コロワイドグループ【海外店舗数】
ASIA :2,529
   (JAPAN:2,443、KOREA:6、TAIWAN:28、HONG KONG:14、
   PHILIPPINES:1、SINGAPORE:6、VIETNAM:12、THAILAND:5、
   MALAYSIA:1、INDONESIA:12、CAMBODIA:1)
USA  :34
CANADA:4
※店舗数は、2016年10月末現在

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  2. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  3. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  4. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  5. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  6. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  7. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  8. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  9. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  10. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  2. 凸版印刷、次世代型農業ビジネスを手がける株式会社福井和郷と資本・業務提携へ
     凸版印刷株式会社は、植物工場をはじめとする次世代型農業ビジネスを手掛ける株式会社福井和郷と2016…
  3. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
  4. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
ページ上部へ戻る