コロワイド、「しゃぶしゃぶ温野菜」がベトナム ハノイ市へ初進出。「牛角」も含めたブランドの海外展開を加速

日本国内、海外13の国・地域へ約2,700店舗を展開する外食企業、株式会社コロワイドの子会社である、株式会社レインズインターナショナルは、2016年12月14日にベトナム1号店(フランチャイズ)となる「しゃぶしゃぶ 温野菜」を、ハノイ市のVincom Mega Mall Royal City内にオープンした。
同グループ企業のCOLOWIDE VIETNAM.,JSC(コロワイドベトナム社、本社:ベトナム ハノイ市)を通して、「しゃぶしゃぶ 温野菜」を、今後5年間で30店舗、ベトナム国内に出店してまいります。
コロワイド、「しゃぶしゃぶ温野菜」がベトナム ハノイ市へ初進出。「牛角」も含めたブランドの海外展開を加速
コロワイドグループでは、引き続きASEAN諸国を中心としたアジアへの展開を進めており、2019年までに、海外450店舗体制の実現に向け、「牛角」「しゃぶしゃぶ 温野菜」ブランドを主軸に出店を加速してまいります。

■「しゃぶしゃぶ 温野菜」
国内のしゃぶしゃぶチェーンとしては、No.1の店舗数(自社調べ)で圧倒的なシェアをもつ「しゃぶしゃぶ 温野菜」。2000年に1号店を開業して以来、数多くのお客様よりご愛顧頂き、現在では国内388店舗・海外13店舗(2016年10月末現在)を展開する、日本最大のしゃぶしゃぶチェーンです。

■店舗概要
店舗名   :Vincom Mega Mall Royal City店
所在地   :B2-R6-40B Vincom Mega Mall Royal City 72 Nguyen trai,
       Thanh Xuan,Hanoi.
席数    :128席
坪数    :78.6坪
面積    :260m2
月商目標額 :80,000 US D
客単価   :13~18 US D
営業時間  :11:00AM~10:00PM(年中無休)
電話番号  :+84-(0)46-285-3880
主力メニュー:しゃぶしゃぶ料理

■フランチャイズ運営会社
商号  :COLOWIDE VIETNAM.,JSC/コロワイドベトナム社
代表者 :代表取締役社長 高坂 信太郎
事業内容:ベトナム、カンボジアおける外食運営・FC事業
資本金 :300万US D

■コロワイドグループ【海外店舗数】
ASIA :2,529
   (JAPAN:2,443、KOREA:6、TAIWAN:28、HONG KONG:14、
   PHILIPPINES:1、SINGAPORE:6、VIETNAM:12、THAILAND:5、
   MALAYSIA:1、INDONESIA:12、CAMBODIA:1)
USA  :34
CANADA:4
※店舗数は、2016年10月末現在

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  2. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  3. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  4. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  5. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  6. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  7. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  8. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  9. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  10. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. アサガオから花の寿命を調節する遺伝子を発見、切り花の長期保存技術への応用も
     鹿児島大と農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所(茨城県つくば市)の研究グループは7月1日、アサ…
  2. 都市近接の低コスト型植物工場にてフレッシュハーブの生産へ(アグリサーチ)
     国内外の農業資材を活用した低コスト栽培を推進する有限会社アグリサーチ(福岡県中央区)が、完全人工光…
  3. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
  4. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
ページ上部へ戻る