グレイスファームがハウス栽培による「白いきくらげ」の保湿成分を使用した洗顔石鹸を開発

 コスメティック分野のビジネス環境の整備と地産素材の活用を進めているジャパン・コスメティックセンター(JCC)の活動の一環で、JCC会員のグレイスファームが自社栽培の白いきくらげ「白美茸」(はくびたけ)を使用した保湿成分をたっぷり含んだプルプル触感の洗顔石鹸『白美の雫』を開発、11月20日より発売を開始した。
グレイスファームがハウス栽培による「白いきくらげ」の保湿成分を使用した洗顔石鹸を開発
この商品は、JCCの助成事業を活用して開発されたもので、グレイスファームで自社栽培している白いきくらげ「白美茸」に含まれる多糖体の保湿成分を活用した透明なプルプル石鹸です。

「白美茸」に含まれる多糖体という成分は、水分量を保持する力が強いことから高い保湿効果が期待できるといわれています。また、日々使用する石鹸による肌の負担を考慮し、防腐剤・合成着色料・香料は使用しておりません。販売前におこなったモニター調査の結果では、乾燥肌や敏感肌で悩む女性を中心に反響がありました。
グレイスファームがハウス栽培による「白いきくらげ」の保湿成分を使用した洗顔石鹸を開発
【商品概要】
白いきくらげ「白美茸」の多糖体配合の洗顔用石鹸
商品名:「白美の雫」洗顔石鹼
内容量:通常サイズ(100g)、小サイズ(30g)
価格 :通常サイズ 3,240円(税込)、小サイズ1,080円(税込)
発売日:2016年11月20日

【購入方法】
・店舗販売
唐津市:農業生産法人グレイスファーム(株) http://gracefarm.biz/
神崎市:えこびと(ecobito) http://www.ecobito.net/
唐津市:鮎の里

・オンラインショッピング
農業生産法人グレイスファーム(株) 2017年1月から販売開始予定

【会社紹介】
農業生産法人グレイスファーム株式会社

「コスメの街」として活発な動きを見せる佐賀県唐津市で、美容・健康に良いとされ「食」「美容」の両面から注目を浴びつつある白いきくらげを、全国的にも先駆けて4年前から栽培しています。

特殊な二重構造の自社ハウス内で栽培した白いきくらげを「白美茸」のブランド名で販売し、2015年には「料理王国百選2015」に選出、2016年には「産品唐津ブランド」の認証、「さがラボチャレンジカップ2016」でも優秀賞を受賞しました。
また、佐賀大学との共同研究や、地元唐津市の老舗(有)松浦漬本舗とのコラボ商品(白美茸粕漬)の開発、「白美茸」の多糖体を活用したコスメ商品の開発など、今後も「食」「美容」の両面からの動きをますます加速させています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  2. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  3. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  4. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  5. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  6. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  7. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  8. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  9. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  10. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 多段式システムでカニを栽培、革新的な生産技術によりシンガポールの食料問題の解決へ
     食料の国内自給率向上を目指すシンガポールでは限られた国土面積であることから、政府が生産品目の選択と…
  2. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工株式会社の植物工場システムが、イセタン クール ジャパンSDN.BHD.の運営するクアラル…
  3. 日本の農産物加工・伝統食品など物販可能な展示会がオーストラリア・シドニーにて開催
     2017年6月23日~6月25日までの3日間、オーストラリアのシドニーにて「グッドフード&ワインシ…
  4. 富士通など、フィンランドに完全人工光型植物工場を活用する農作物の生産・販売を行う新会社を設立
     富士通株式会社と株式会社富士通九州システムズ(FJQS)は、Robbe's Little Gard…
ページ上部へ戻る