山菜コゴミ・エキス、真皮のコラーゲン・ヒアルロン酸産生と表皮細胞の増殖促進を確認

 オリジナル化粧品ブランドの通信販売を手掛ける株式会社JIMOS(本社:福岡県福岡市)は、東京農業大学、株式会社ドクターズチョイスと共同研究を行い、第63回 日本食品科学工学会(平成28年8月25日から27日)において研究発表を実施した。
山菜コゴミ・エキス、真皮のコラーゲン・ヒアルロン酸産生と表皮細胞の増殖促進を確認
■研究目的・背景
コゴミは、日本に比較的多く自生しており、山菜として食されています。コゴミには、ラジカル除去作用があり、その主成分はクロロゲン酸、およびL-o-カフェオイルホモセリンであるといわれています。よって、表皮色素細胞におけるメラニン色素生成に関わるチロシナーゼ活性を阻害することが知られています。

しかし、真皮に存在する繊維芽細胞や表皮に存在する表皮細胞への影響については知られていません。
そこで、コゴミのエタノール抽出液を用いて、繊維芽細胞増殖や、コラーゲン合成、ヒアルロン酸合成に関わる遺伝子群への影響、また表皮細胞増殖、セラミド合成への影響について検討いたしました。

■結果
1.初代培養表皮細胞における増殖能は、0.00002%および0.2%の濃度で認められました。
(図1:コゴミエキスの表皮細胞増殖促進作用)

2.I型コラーゲンタンパク質量は、0.000002~0.002%の範囲で増加が認められました。
(図2:コゴミエキスのⅠ型コラーゲン産生促進作用)

3.ヒアルロン酸量は、0.000002および0.00002%の濃度で増加が認められました。
(図3:コゴミエキスのヒアルロン酸産生促進作用)
山菜コゴミ・エキス、真皮のコラーゲン・ヒアルロン酸産生と表皮細胞の増殖促進を確認
CO;コントロール BD;0.1% 1,3-ブタンジオール 数値は、コゴミエキスの濃度(%)を表す。

以上のことから、コゴミエキスは真皮におけるコラーゲン産生又はヒアルロン酸産生、表皮細胞の増殖を促進する効果が認められました。JIMOSでは、今後これらの知見を化粧品・食品開発に応用していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  2. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  3. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  4. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  5. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  6. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  7. NYの公園・コミュニティーガーデン。トランプ政権により都市型農業が壊滅する可能性も
     緑の街、ニューヨークでもトランプ政権の影響を大きく受けている。公園・緑が多い大都市として有名なニュ…
  8. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  9. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  10. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. カナダ・トロントの新プロジェクト。建築デザインに農業を融合させた「アグリテクチャー(Agri-Tecture)」
     カナダでは各都市による「グリーン・シティ」開発が進められており、例えば、バンクーバー市は2020年…
  2. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
  3. JFEエンジニアリングなど、オランダ式の太陽光利用型植物工場にてトマト・ベビーリーフの生産へ
     プラント設計・施工大手のJFEエンジニアリングが北海道・苫小牧市の苫小牧東部工業基地(苫東)で建設…
  4. 米国ワシントンDCでも都市型農業法案による支援も。屋上ファームや水耕栽培など幅広い生産方式が出現
     米国のワシントンDCエリアも都市型農業が盛んな地域の一つである。現地のファーマーズ・マーケットでは…
ページ上部へ戻る