パナソニック、JGAPにも対応した双方向クラウド型農業管理システム「栽培ナビ」サービスを開始

 パナソニック株式会社は、12月1日より、スマートフォン、タブレット、パソコン等の端末を使用して、地域をささえる農業組織(農業協同組合、農業生産法人、流通販売組織等)と、生産者を双方向につなぐクラウド型農業管理システム「栽培ナビ」サービスを開始する。
パナソニック、JGAPにも対応した双方向クラウド型農業管理システム「栽培ナビ」サービスを開始
本サービスは、専用サイトで農業組織と生産者が営農に関する様々なデータを記録、情報共有しながら、営農指導の効率化、品質向上・生産性向上等に役立てるための農業管理ツールです。
農業従事者の高齢化を考慮し、ICTが不得手な方でも安心して使えるユニバーサルデザインを採用。視覚的に分りやすく、かつ、選択肢形式で入力操作の低減を図りました。

 また、近年、農作物の輸出が増える傾向にあり、食品の安全性向上や環境保全に取り組む農業生産者・生産者団体に与えられる農業生産工程管理の認証「GAP」(Good Agricultural Practice)の導入が推進されています。
本サービスは、JGAP 2016(Basic、Advance)に対応しており、一般財団法人日本GAP協会の推奨システムとなっており、国内への出荷のみならず輸出を目指している農業組織と生産者にも活用いただけます。

2015年8月から実施した、おうみ冨士農業協同組合との実証実験を経て、運用・管理面で必要とされる便利な機能の充実を図りました。滋賀県内の農業組織へのサービス提供からスタートし、順次地域を拡大していく予定です。

【特長】
(1)栽培情報、作業記録の「見える化」による効率的な生産管理を実現
(2)地域に適合した農薬のデータベース化による、農作物の安心・安全を向上
(3)農業組織と生産者との円滑なコミュニケーションをサポート

サービス名:双方向クラウド型農業管理システム「栽培ナビ」
用途:栽培情報の「見える化」、地域の農業経営をサポートするICT管理ツール
サービス開始日:2016年12月1日
販売価格:
 初期費用10万円(税別)
 月額利用料金1,980円(税別)/1ID
 (基本パッケージ:30 ID/1契約)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  2. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  3. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  4. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  5. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  6. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  7. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  8. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  9. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  10. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 西松建設、玉川大学との連携事業・LED植物工場のショールームが完成
     西松建設は4月11日、玉川大学との産学連携事業として開発を進めているLED植物工場について、新規参…
  2. シカゴの都市型農業、米国農務省による100万ドル以上の補助支援を受けて農地整備・人材育成へ
     シカゴ市は米国の連邦政府補助金として100万ドルをかけて、都市型農業の整備や人材育成、新規事業の支…
  3. 植物工場向け環境制御システム開発のホーヘンドールンがメキシコにトレーニングセンター開設
     太陽光利用型植物工場・施設園芸の大手環境制御システム会社でオランダのHoogendoorn(ホーヘ…
  4. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
ページ上部へ戻る