住友商事グループ、日本曹達と共同でベトナムに農薬販売会社を設立

 住友商事グループ3社は、アジア地域における農薬販売ビジネスの基盤強化を目的に、日本曹達株式会社と共に農薬販売会社のサミット・アグロ・ベトナム社(本社:ホーチミン市、以下「SAV社」)を設立した。

 東アジアを除くアジア地域の農薬市場は、人口増加に伴う食糧需要の高まりを背景に安定的な成長を遂げ、現在約60億ドル規模と言わる。その中でもベトナム国の農薬市場は約8億ドルに達し、域内でインドに次ぐ第2位の市場規模となっている。

 ベトナムの農薬需要は水稲向けが約70パーセントを占めており、かつ野菜・花卉栽培において日本式の栽培技術が導入され始めていることもあり、今後、日本メーカーの取り揃える農業資材の需要が増えることが見込まれている。

 SAV社は、日本曹達をはじめ日本メーカーが開発するスペシャリティ農薬(除草剤や殺虫剤・殺菌剤)の特徴に応じた開発・マーケティング案を現地発信型で日本メーカーにフィードバックすることで、質の高い販売代理店機能提供に取り組む予定だ。

またSAV社は、将来構想として他社の資本参加も受け入れる方針で、住友商事グループが有するソーシング機能を活用して商品ポートフォリオの拡充を進め、かつ顧客サービスの向上に取り組むことで、5年後には売上高2千万ドルを目指す。

【住友商事の農薬販売網】
住友商事グループ、日本曹達(株)、ベトナムに農薬販売会社設立
 住友商事の農薬事業は1970年代の日本メーカーの農薬輸出トレードに始まり、現在はバリューチェーン の川下分野の深化を戦略として掲げ、欧米を中心に30カ国以上で輸入販売事業を展開する。またブラジルやルーマニアでの農業資材問屋の買収などを通じて事業範囲の拡大にも注力しており、収益規模の拡大に取り組んでいる。
 住友商事グループは今回のSAV社をアジア地域における農薬販売会社の第一号案件として、ベトナムにおける収益基盤の強化を目指す。

【会社概要】
会社名   :  Summit Agro Vietnam LLC.
本社所在地 :  ベトナム社会主義共和国ホーチミン市
出資構成  :  住友商事グループ87パーセント、日本曹達13パーセント
従業員   :  20名
主要事業  :  ベトナム国内における農薬・農業資材等の販売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  2. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  3. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  4. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  5. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  6. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  7. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  8. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  9. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  10. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1) 台湾では植物工場ブーム?! 国内に60ヶ所以上…
  2. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
  3. 植物工場向け環境制御システム開発のホーヘンドールンがメキシコにトレーニングセンター開設
     太陽光利用型植物工場・施設園芸の大手環境制御システム会社でオランダのHoogendoorn(ホーヘ…
  4. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
ページ上部へ戻る