日本トリムが「家族の健康とお金に関する調査」を実施。健康のための取り組みは「食生活の改善」が1位に

 整水器メーカーの株式会社日本トリムが、既婚で子供のいる全国の30〜60代の男女300人を対象に、「家族の健康とお金に関する調査」を2016年10月18日~10月19日にインターネットにて実施した。

 厚生労働省の発表によると、2015年度の医療費は41.5兆円に達し、13年連続で過去最高を更新している。また、2015年度は前年度からの伸び率がプラス3.8%(約1.5兆円増)と、過去5年間で最も高い伸びを示した。

 同社の電解水素水整水器は、胃腸症状の改善に効果のある管理医療機器として認証されている。整水器を蛇口に設置して新鮮な電解水素水を飲むことで、予防医療として日々の生活の中に取り入れることができるとして、家族の健康を意識する家庭、健康経営を意識する法人を中心に使用されている。

調査結果
 家族の健康を心配している人は74%。男女別に見ると、心配している人の割合は女性が79.3%で男性が68%となり、女性の方が家族の健康を心配しているという結果となった。

 特に誰の健康を気遣っているかという質問には、「配偶者」の健康を気遣う人が69.2%と圧倒的に多く、次いで「子ども」52%、「自分」50.2%という結果となった。親に対しては35.3%と、自分自身より低い結果となっている。
torimu658196
また、実際に「家族の健康を守るために取り組んでいる」人は、43.3%と半数を下回る結果になった。女性は半数以上が取り組んでいるのに対し、男性は32%にとどまる

 家族の健康を守るための取り組みとしては、「食生活の工夫」が女性93.9%、男性79.2%と男女共に高い結果となった。「運動」や「医療機関への受診」と比べ、生活に不可欠で取り組みやすい食生活だからこそ、工夫しやすいことが伺える。

 また、取り組んでいる内容として男女で差が見えたのが、食と運動についてだ。「食生活の工夫」と回答した女性は93.9%とほとんどの女性が回答しており、男性と比べ約15%差がある。一般的に、料理をする機会が多い女性だからこそ、家族の食生活がより身近で改善しやすいことが伺える。

 しかし、「食生活の工夫」以外の項目については、全項目について男性の方が多い結果となり、女性の健康に対する取り組みは、特に食生活に偏っていることがわかった。
torimu568916
 家族でのまとまったお金の使い道は、旅行が63.7%で圧倒的に多く、次いで外食25%、健康22%という結果となった。家族の健康について、74%の人が不安に思っているにも関わらず、実際には旅行・外食などの娯楽が重視されており、実質的に健康への取り組みが後回しになっている現状が見受けられる。

 まとまったお金を健康に使えるとしたら、人間ドッグなどの「健康診断」が62.7%と一番多いという結果になった。「運動」や「食事改善」といった、実際の健康課題に対する行動段階にいる方は少なく、まずは予防医療の手始めである、自身の健康に対する現状チェックをしたいという人の多さから、自身の身体の状態さえも十分に把握できていない人が多いことがわかる。
torimu111111
 健康のために毎日取り入れる習慣として興味があり実践したいものは、1位:食生活の改善(67%)、2位:運動(62.3%)、3位:水の改善(18.7%)、4位:空気の改善(11%)と大きな差がみられた。「水の改善」「空気の改善」については、30代が他年代と比べ2倍以上高く、若い世代を中心に、生きることに欠かせない水や空気への関心の意識の高さが見受けられる。torimu222222

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  2. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  3. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  4. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  5. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  6. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  7. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  8. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  9. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  10. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 韓国LGグループによる植物工場・アグリビジネス参入。生産者による反対・LG製品のボイコット運動まで発展
     ビッグデータの解析、製造工場の自動化・知能化などを進める韓国LGグループのLG CNS社は、約35…
  2. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  3. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
  4. 静岡県が先端農業推進セミナーを9/7に開催。平成29年開設リサーチセンターの公募説明も
     静岡県では9月7日、健康長寿に貢献する「農・食・健連携」による産業の活性化をテーマに、県と共同研究…
ページ上部へ戻る