蛯原友里が野菜の魅力を伝える親善大使に!Oisixの「ビューティーベジタブルアンバサダー」に就任決定

 オイシックス株式会社が、野菜中心の食生活をより身近に感じてもらうため、野菜の魅力や楽しさを発信する「ビューティーベジタブルアンバサダー」に、モデルの蛯原友里を任命した。

 活動の第一弾として、蛯原友里がプロデュースした、「おいしく食べて、気持ちもカラダもキレイに」がコンセプトのKit Oisixサラダ「ビーツの赤いホットサラダ」と「柿とクレソンの潤つやサラダ」を11月12日(土)から期間限定でOisix.comで販売する。

 家族を持ち、お子様が生まれ、食に対する意識が高まったという蛯原さん。子育てに仕事にと忙しく生活しながらも、“野菜を中心とした食卓を作っていきたい”という蛯原さんの想いは、オイシックスの企業理念とも重なります。

 これまで、多くの女性のライフスタイルを牽引してきた蛯原さんに、Oisixのアンバサダーとして、生産者やお客様との触れ合いを通じて、野菜についての知識もつけて頂き、モデル業で培った美的センスで、野菜の魅力や美味しさ、楽しさを発信して頂きたいと思っています。

 今後は、ご本人自ら産地を訪れ作り手の想いを学んだり、食のコラムの発信、野菜を手軽に取り入れられる商品開発などを行い、「ビューティーベジタブルアンバサダー」として、カラダの中からキレイに、食卓を華やかに、気持ちをキレイにの3つのキレイを発信して頂きます。

■気分も上がる色鮮やかさ!主役になるサラダ 「ビーツの赤いホットサラダ」
oisix6849158
 ビーツ、紫いも、ミニトマト、赤パプリカ、赤玉ねぎの5種の赤い野菜をグリルして作った、これからの寒い季節にぴったりのホットサラダ。真っ赤な色合いが見た目にも色鮮やかで、食卓を華やかに彩ります。
価格:980円(税抜)

■栄養価満点!まさに“食べてきれいになれるサラダ” 「柿とクレソンの潤つやサラダ」
oisix6415867
 今が旬のフルーツ「柿」を、かぶやパプリカと合わせ、最後にクレソンをたっぷり盛り付けました。それぞれの食材を細かく切った事で、ドレッシングとの馴染みも良く、口の中で柿とかぶの絶妙なマリア-ジュをお楽しみ頂く事ができます。
価格:980円(税抜)

・販売先URL:https://www.oisix.com/sc/oisixsalad

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  2. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  3. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  4. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  5. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  6. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  7. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  8. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  9. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  10. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
  2. ロシアのVTB銀行がアルメニアにイチゴの植物工場プラント建設に資金提供
     ロシアのVTB銀行は、アルメニア共和国・コタイク地方に最新技術を導入したイチゴの植物工場(太陽光利…
  3. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
    イタリア・ミラノでは「地球に食料を、生命にエネルギーを(Feeding the Planet, En…
  4. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
ページ上部へ戻る