蛯原友里が野菜の魅力を伝える親善大使に!Oisixの「ビューティーベジタブルアンバサダー」に就任決定

 オイシックス株式会社が、野菜中心の食生活をより身近に感じてもらうため、野菜の魅力や楽しさを発信する「ビューティーベジタブルアンバサダー」に、モデルの蛯原友里を任命した。

 活動の第一弾として、蛯原友里がプロデュースした、「おいしく食べて、気持ちもカラダもキレイに」がコンセプトのKit Oisixサラダ「ビーツの赤いホットサラダ」と「柿とクレソンの潤つやサラダ」を11月12日(土)から期間限定でOisix.comで販売する。

 家族を持ち、お子様が生まれ、食に対する意識が高まったという蛯原さん。子育てに仕事にと忙しく生活しながらも、“野菜を中心とした食卓を作っていきたい”という蛯原さんの想いは、オイシックスの企業理念とも重なります。

 これまで、多くの女性のライフスタイルを牽引してきた蛯原さんに、Oisixのアンバサダーとして、生産者やお客様との触れ合いを通じて、野菜についての知識もつけて頂き、モデル業で培った美的センスで、野菜の魅力や美味しさ、楽しさを発信して頂きたいと思っています。

 今後は、ご本人自ら産地を訪れ作り手の想いを学んだり、食のコラムの発信、野菜を手軽に取り入れられる商品開発などを行い、「ビューティーベジタブルアンバサダー」として、カラダの中からキレイに、食卓を華やかに、気持ちをキレイにの3つのキレイを発信して頂きます。

■気分も上がる色鮮やかさ!主役になるサラダ 「ビーツの赤いホットサラダ」
oisix6849158
 ビーツ、紫いも、ミニトマト、赤パプリカ、赤玉ねぎの5種の赤い野菜をグリルして作った、これからの寒い季節にぴったりのホットサラダ。真っ赤な色合いが見た目にも色鮮やかで、食卓を華やかに彩ります。
価格:980円(税抜)

■栄養価満点!まさに“食べてきれいになれるサラダ” 「柿とクレソンの潤つやサラダ」
oisix6415867
 今が旬のフルーツ「柿」を、かぶやパプリカと合わせ、最後にクレソンをたっぷり盛り付けました。それぞれの食材を細かく切った事で、ドレッシングとの馴染みも良く、口の中で柿とかぶの絶妙なマリア-ジュをお楽しみ頂く事ができます。
価格:980円(税抜)

・販売先URL:https://www.oisix.com/sc/oisixsalad

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  2. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  3. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  4. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  5. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  6. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  7. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  8. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  9. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  10. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 昭和電工と山口大、植物工場・高速栽培技術に関する世界展開へ
     昭和電工のLED光源を採用した完全人工光型植物工場ユニット「SHIGYOユニット」が、山形県天童市…
  2. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
  3. NATUFIAのキッチンガーデン。デザイン家電としての植物工場プラントを開発
     エストニアに本社を置くNATUFIA Labは、今年の1月にラスベガスで行われたCES(Consu…
  4. エチオピアの家族経営農家を支援。サステナブル農法「水滴収集グリーンハウス」を提案
     エチオピアの家族経営・小規模農家を支援する組織「ルーツ・アップ」では、小規模でも独立・採算性を確保…
ページ上部へ戻る