蛯原友里が野菜の魅力を伝える親善大使に!Oisixの「ビューティーベジタブルアンバサダー」に就任決定

 オイシックス株式会社が、野菜中心の食生活をより身近に感じてもらうため、野菜の魅力や楽しさを発信する「ビューティーベジタブルアンバサダー」に、モデルの蛯原友里を任命した。

 活動の第一弾として、蛯原友里がプロデュースした、「おいしく食べて、気持ちもカラダもキレイに」がコンセプトのKit Oisixサラダ「ビーツの赤いホットサラダ」と「柿とクレソンの潤つやサラダ」を11月12日(土)から期間限定でOisix.comで販売する。

 家族を持ち、お子様が生まれ、食に対する意識が高まったという蛯原さん。子育てに仕事にと忙しく生活しながらも、“野菜を中心とした食卓を作っていきたい”という蛯原さんの想いは、オイシックスの企業理念とも重なります。

 これまで、多くの女性のライフスタイルを牽引してきた蛯原さんに、Oisixのアンバサダーとして、生産者やお客様との触れ合いを通じて、野菜についての知識もつけて頂き、モデル業で培った美的センスで、野菜の魅力や美味しさ、楽しさを発信して頂きたいと思っています。

 今後は、ご本人自ら産地を訪れ作り手の想いを学んだり、食のコラムの発信、野菜を手軽に取り入れられる商品開発などを行い、「ビューティーベジタブルアンバサダー」として、カラダの中からキレイに、食卓を華やかに、気持ちをキレイにの3つのキレイを発信して頂きます。

■気分も上がる色鮮やかさ!主役になるサラダ 「ビーツの赤いホットサラダ」
oisix6849158
 ビーツ、紫いも、ミニトマト、赤パプリカ、赤玉ねぎの5種の赤い野菜をグリルして作った、これからの寒い季節にぴったりのホットサラダ。真っ赤な色合いが見た目にも色鮮やかで、食卓を華やかに彩ります。
価格:980円(税抜)

■栄養価満点!まさに“食べてきれいになれるサラダ” 「柿とクレソンの潤つやサラダ」
oisix6415867
 今が旬のフルーツ「柿」を、かぶやパプリカと合わせ、最後にクレソンをたっぷり盛り付けました。それぞれの食材を細かく切った事で、ドレッシングとの馴染みも良く、口の中で柿とかぶの絶妙なマリア-ジュをお楽しみ頂く事ができます。
価格:980円(税抜)

・販売先URL:https://www.oisix.com/sc/oisixsalad

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  2. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  3. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  4. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  5. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  6. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  7. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  8. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  9. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  10. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. シカゴの都市型農業、米国農務省による100万ドル以上の補助支援を受けて農地整備・人材育成へ
     シカゴ市は米国の連邦政府補助金として100万ドルをかけて、都市型農業の整備や人材育成、新規事業の支…
  2. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
  3. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
  4. 日本の農産物加工・伝統食品など物販可能な展示会がオーストラリア・シドニーにて開催
     2017年6月23日~6月25日までの3日間、オーストラリアのシドニーにて「グッドフード&ワインシ…
ページ上部へ戻る