蛯原友里が野菜の魅力を伝える親善大使に!Oisixの「ビューティーベジタブルアンバサダー」に就任決定

 オイシックス株式会社が、野菜中心の食生活をより身近に感じてもらうため、野菜の魅力や楽しさを発信する「ビューティーベジタブルアンバサダー」に、モデルの蛯原友里を任命した。

 活動の第一弾として、蛯原友里がプロデュースした、「おいしく食べて、気持ちもカラダもキレイに」がコンセプトのKit Oisixサラダ「ビーツの赤いホットサラダ」と「柿とクレソンの潤つやサラダ」を11月12日(土)から期間限定でOisix.comで販売する。

 家族を持ち、お子様が生まれ、食に対する意識が高まったという蛯原さん。子育てに仕事にと忙しく生活しながらも、“野菜を中心とした食卓を作っていきたい”という蛯原さんの想いは、オイシックスの企業理念とも重なります。

 これまで、多くの女性のライフスタイルを牽引してきた蛯原さんに、Oisixのアンバサダーとして、生産者やお客様との触れ合いを通じて、野菜についての知識もつけて頂き、モデル業で培った美的センスで、野菜の魅力や美味しさ、楽しさを発信して頂きたいと思っています。

 今後は、ご本人自ら産地を訪れ作り手の想いを学んだり、食のコラムの発信、野菜を手軽に取り入れられる商品開発などを行い、「ビューティーベジタブルアンバサダー」として、カラダの中からキレイに、食卓を華やかに、気持ちをキレイにの3つのキレイを発信して頂きます。

■気分も上がる色鮮やかさ!主役になるサラダ 「ビーツの赤いホットサラダ」
oisix6849158
 ビーツ、紫いも、ミニトマト、赤パプリカ、赤玉ねぎの5種の赤い野菜をグリルして作った、これからの寒い季節にぴったりのホットサラダ。真っ赤な色合いが見た目にも色鮮やかで、食卓を華やかに彩ります。
価格:980円(税抜)

■栄養価満点!まさに“食べてきれいになれるサラダ” 「柿とクレソンの潤つやサラダ」
oisix6415867
 今が旬のフルーツ「柿」を、かぶやパプリカと合わせ、最後にクレソンをたっぷり盛り付けました。それぞれの食材を細かく切った事で、ドレッシングとの馴染みも良く、口の中で柿とかぶの絶妙なマリア-ジュをお楽しみ頂く事ができます。
価格:980円(税抜)

・販売先URL:https://www.oisix.com/sc/oisixsalad

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  2. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  3. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  4. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  5. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  6. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  7. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  8. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  9. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  10. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
    イタリア・ミラノでは「地球に食料を、生命にエネルギーを(Feeding the Planet, En…
  2. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
  3. KOMPEITO、オフィス向けプレミアム野菜サービスを提供開始
     農業の活性化を目指す、株式会社KOMPEITOは、働く人や企業の健康を促す、オフィス向けプレミアム…
  4. 米国の農業ビジネス、トランプ発言への影響。既に数千万円に設備投資を行う経営者も
     1月20日に米国にてトランプ新大統領が誕生するが、今後の具体的な政策方針には農業分野の経営者も注目…
ページ上部へ戻る