リンガーハット、台風被害により北海道産コーンを国産豆苗に変更

 株式会社リンガーハット(本社:品川区大崎、代表取締役社長 秋本英樹)は、台風被害による“北海道産コーン”の確保困難にともない、リンガーハットの主要商品に使用する北海道産コーンを2016年12月1日(木)より順次“国産豆苗”に変更する。
リンガーハット、台風被害により北海道産コーンを国産豆苗に変更
 今夏に発生した台風被害により、北海道産コーンを年間に安定して提供できる量の確保が困難になった。そのため、リンガーハットでは様々な国産食材の中から検討を重ね、15万人の来店者へ安定して供給できる『国産の豆苗』へ変更することとなった。

 リンガーハットでは、品質・おいしさの向上と、安全・安心な商品を提供する事を目標に、いち早く食材の国産化へ切り替えた。09年に野菜を全て国産とし、10年には麺の小麦、13年にはスイーツギョーザの主原料であるサツマイモも国産に切り替えた。

原材料費や人件費の高騰に対応するため「長崎ちゃんぽん」の価格を地域に応じて9~22%値上げしたが、メニューの質を高めた結果、値上げによる客数の減少を売り上げ増で補うことに成功している。