カゴメが機能性野菜などを使用し、栄養価に特化したパックサラダ「RED MIX 高リコピントマトとビート」など3種を発売

 カゴメ株式会社が、2016年11月7日(月)から関東エリアの一部地域にて、パックサラダ3種「GREEN MIX ケールとセロリ」、「RED MIX 高リコピントマトとビート」、「YELLOW MIX ベータカロテントマトとサラダかぼちゃ」を発売する。
kagome5106
 生活者のライフスタイルの変化に伴い、時間をかけずに手軽に野菜をとることができるパックサラダの人気は高まっている。

 今回、発売する3種類のサラダは、野菜の鮮やかな色を楽しみながら、1食分の野菜(120g以上)を多品目の野菜から摂取できることが特長。また、盛り付けてアレンジすることで、家庭で簡単に彩りのあるサラダを楽しめる。

■商品概要
商品名:GREEN MIX ケールとセロリ
商品特長:注目の野菜「ケール」の幼葉を配合。味と香りのアクセントに「セロリ」を加え、濃い緑色の小松菜をたっぷり使用した緑が映えるサラダ。
店頭想定価格(税抜):280円前後

商品名:RED MIX 高リコピントマトとビート
商品特長:スーパーフード「高リコピントマト」と「ビート」を配合。赤紫色の鮮やかな紫キャベツを使用した赤が映えるサラダ。
店頭想定価格(税抜):280円前後

商品名:YELLOW MIX ベータカロテントマトとサラダかぼちゃ
商品特長:「ベータカロテントマト」と、サラダ用かぼちゃ「鈴かぼちゃ」を配合。オレンジ色の人参をたっぷり使用し、黄パプリカをトッピングした黄色が映えるサラダ。
店頭想定価格(税抜):280円前後

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  2. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  3. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  4. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  5. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  6. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  7. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  8. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  9. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  10. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
  2. NATUFIAのキッチンガーデン。デザイン家電としての植物工場プラントを開発
     エストニアに本社を置くNATUFIA Labは、今年の1月にラスベガスで行われたCES(Consu…
  3. 都市近接の低コスト型植物工場にてフレッシュハーブの生産へ(アグリサーチ)
     国内外の農業資材を活用した低コスト栽培を推進する有限会社アグリサーチ(福岡県中央区)が、完全人工光…
  4. アサガオから花の寿命を調節する遺伝子を発見、切り花の長期保存技術への応用も
     鹿児島大と農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所(茨城県つくば市)の研究グループは7月1日、アサ…
ページ上部へ戻る