無人航空機技術のDJI、飛行性能や積載量を向上させた大型ドローンMatrice 600 Proを発表

 無人航空機技術で世界をリードするDJIが、大型ドローンのラインナップに新たに「Matrice 600 Pro」を追加した。「Matrice 600 Pro」は、高い飛行性能と高性能バッテリー充電システムを実現、積載量も拡大し、プロフェッショナルレベルの空撮や産業用途に適している。
dji750160
 フライトコントローラーの「A3 Pro」は、三重に冗長化されたモジュールと診断アルゴリズムを採用。これにより、3組のGNSSユニットから送られるセンサーデータをフライトコントローラーで比較検証することで、全体の安全性を高めながら、正確な飛行制御を強化する。

 また、新たに防振ボールがフライトコントローラーのIMUモジュールと主要なコントローラーに追加されたことで、揺れの吸収やノイズの低減が改良された。

 A3 Proは、D-RTK GNSSと互換性があるため、磁気干渉に耐性があり、センチメートル単位での精度が得られるので産業用途にも適している。

 DJIのE2000 Pro推進システムは防塵仕様のため、メンテナンスが容易になった。さらに、モーター自体が冷却する設計になっているため、操縦が長時間に及んでも高い信頼性を実現した。

 M600 Proは、DJIのZenmuseカメラとジンバルシリーズ、Ronin-MX、DJI Focusと互換性がある。積載量も6kgまで対応しているため、マイクロフォーサーズシステムからRED EPICまでの幅広いカメラに対応する。

 また、アームやアンテナがあらかじめ取り付けられており、折りたたむと標準のM600よりも小型になるため、機体は容易に運搬が可能。また、6個のインテリジェント・フライトバッテリーを同時に充電できる最新のバッテリー充電ハブが同梱されており、全体の充電時間の短縮を実現した。

DJI:http://www.dji.com/ja

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  2. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  3. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  4. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  5. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  6. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  7. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  8. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  9. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  10. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ロシアのVTB銀行がアルメニアにイチゴの植物工場プラント建設に資金提供
     ロシアのVTB銀行は、アルメニア共和国・コタイク地方に最新技術を導入したイチゴの植物工場(太陽光利…
  2. フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
     フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では…
  3. 米国NYの農業ビジネス最前線・市場ニーズに合わせた生産品目の切り替え(ガブリエルセン・ファーム)
     ニューヨーク州・ロングアイランド東部の町であるリバーヘッドにて花卉の生産を行うガブリエルセン・ファ…
  4. 日本マイクロソフトの社員食堂が日本野菜ソムリエ協会認定、植物工場野菜の販売も
     日本マイクロソフト株式会社と、社員食堂「One Microsoft Café」を受託運営しているエ…
ページ上部へ戻る