無人航空機技術のDJI、飛行性能や積載量を向上させた大型ドローンMatrice 600 Proを発表

 無人航空機技術で世界をリードするDJIが、大型ドローンのラインナップに新たに「Matrice 600 Pro」を追加した。「Matrice 600 Pro」は、高い飛行性能と高性能バッテリー充電システムを実現、積載量も拡大し、プロフェッショナルレベルの空撮や産業用途に適している。
dji750160
 フライトコントローラーの「A3 Pro」は、三重に冗長化されたモジュールと診断アルゴリズムを採用。これにより、3組のGNSSユニットから送られるセンサーデータをフライトコントローラーで比較検証することで、全体の安全性を高めながら、正確な飛行制御を強化する。

 また、新たに防振ボールがフライトコントローラーのIMUモジュールと主要なコントローラーに追加されたことで、揺れの吸収やノイズの低減が改良された。

 A3 Proは、D-RTK GNSSと互換性があるため、磁気干渉に耐性があり、センチメートル単位での精度が得られるので産業用途にも適している。

 DJIのE2000 Pro推進システムは防塵仕様のため、メンテナンスが容易になった。さらに、モーター自体が冷却する設計になっているため、操縦が長時間に及んでも高い信頼性を実現した。

 M600 Proは、DJIのZenmuseカメラとジンバルシリーズ、Ronin-MX、DJI Focusと互換性がある。積載量も6kgまで対応しているため、マイクロフォーサーズシステムからRED EPICまでの幅広いカメラに対応する。

 また、アームやアンテナがあらかじめ取り付けられており、折りたたむと標準のM600よりも小型になるため、機体は容易に運搬が可能。また、6個のインテリジェント・フライトバッテリーを同時に充電できる最新のバッテリー充電ハブが同梱されており、全体の充電時間の短縮を実現した。

DJI:http://www.dji.com/ja

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  2. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  3. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  4. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  5. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  6. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  7. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  8. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  9. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  10. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     三菱化学株式会社は、株式会社ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の完全人工光型植物工場システムを…
  2. フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
     フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では…
  3. パナソニック、シンガポールにて人工光型植物工場を稼働。日本食レストラン大戸屋と提携
     パナソニック・ファクトリーソリューションズ・アジアパシフィック(PFSAP)(以下、パナソニック)…
  4. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
ページ上部へ戻る