無人航空機技術のDJI、飛行性能や積載量を向上させた大型ドローンMatrice 600 Proを発表

 無人航空機技術で世界をリードするDJIが、大型ドローンのラインナップに新たに「Matrice 600 Pro」を追加した。「Matrice 600 Pro」は、高い飛行性能と高性能バッテリー充電システムを実現、積載量も拡大し、プロフェッショナルレベルの空撮や産業用途に適している。
dji750160
 フライトコントローラーの「A3 Pro」は、三重に冗長化されたモジュールと診断アルゴリズムを採用。これにより、3組のGNSSユニットから送られるセンサーデータをフライトコントローラーで比較検証することで、全体の安全性を高めながら、正確な飛行制御を強化する。

 また、新たに防振ボールがフライトコントローラーのIMUモジュールと主要なコントローラーに追加されたことで、揺れの吸収やノイズの低減が改良された。

 A3 Proは、D-RTK GNSSと互換性があるため、磁気干渉に耐性があり、センチメートル単位での精度が得られるので産業用途にも適している。

 DJIのE2000 Pro推進システムは防塵仕様のため、メンテナンスが容易になった。さらに、モーター自体が冷却する設計になっているため、操縦が長時間に及んでも高い信頼性を実現した。

 M600 Proは、DJIのZenmuseカメラとジンバルシリーズ、Ronin-MX、DJI Focusと互換性がある。積載量も6kgまで対応しているため、マイクロフォーサーズシステムからRED EPICまでの幅広いカメラに対応する。

 また、アームやアンテナがあらかじめ取り付けられており、折りたたむと標準のM600よりも小型になるため、機体は容易に運搬が可能。また、6個のインテリジェント・フライトバッテリーを同時に充電できる最新のバッテリー充電ハブが同梱されており、全体の充電時間の短縮を実現した。

DJI:http://www.dji.com/ja

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。