国産植物原料・地産地消を追及したナチュラルヘアケアブランド「rinRen/ リンレン」が新商品を販売

 株式会社ビーバイ・イーは、国産植物原料・地産地消を追求したナチュラルヘアケアブランド「rinRen/ リンレン」から、無農薬栽培のダマスクバラ花水とローズマリーエキスのみを使用した、究極にシンプルで贅沢なアイテム、フェイス&ボディミスト ローズを直営店限定で発売する。

●リンレン公式ホームページ:<http://bxe.co.jp/rinren/>
●ビーバイ・イー公式インスタグラム:@bxe_natural<https://www.instagram.com/bxe_natural/>
国産植物原料・地産地消を追及したナチュラルヘアケアブランド「rinRen/ リンレン」が新商品を販売
≪products point≫
信州で農薬を使わずに育てたダマスクバラの花を、最も香りが高く瑞々しい朝に手摘みし、中央アルプスの天然水で蒸留したローズウォーターと、植物性の防腐剤と言われるローズマリーエキスのみを使用しました。

・長野県産蓼科産ローズ〔ダマスクバラ〕
蓼科高原の大自然で完全無農薬、化学肥料不使用で育てられた香り高いダマスクローズを使用。一番香りが強くなる初夏の早朝に手摘みをしています。

・長野県産駒ヶ根産ローズマリー
雨や寒さから守るためハウス栽培で育てた香りがソフトなWood種を使用。100種の中から、穏やかな成分のシネオールタイプを厳選。

≪商品概要≫
商品名:リンレン レメディアル フェイス&ボディミスト ローズ 120ml ¥1,800+税
天然成分ならではの柔らかな感触でよくなじみ、肌の奥まで潤いが染み渡ります。​乾燥からくるお肌のトラブルや年齢によるお肌のお悩みにローズの有効成分が働きかけ、ハリのあるエイジレスなお肌へと導きます。

化粧水やボディミストのほか、乾燥の気になる髪の毛やルームスプレーとしてもお使いいただけます。アルコールが入っていないので、お肌の弱い方にも安心です。

≪取り扱い店舗≫
■シンシア・ガーデン
■シンシア・ガーデンWEBショップ<http://sincere-garden.jp/>

≪rinRen/リンレンとは≫
「国産植物の恵みでつくった日本生まれのアロマコスメ」日本の土壌でふくよかに育った、国産植物の恵みでつくりました。
どこか懐かしく、やさしい香りで心がほどける日本生まれのアロマコスメ。人に、自然に、未来の頭皮と日本の農業へも。リンレンは、‘本当のやさしさ’への追求から生まれました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  2. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  3. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  4. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  5. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  6. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  7. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  8. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  9. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  10. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
  2. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
  3. 韓国ソウル市、規制緩和により垂直農場・植物工場プロジェクトを計画
     韓国ソウル市にて垂直農場プロジェクトが計画されている。ソウル市は4月13日、ソウル市特別市南西部に…
  4. 富士通など、フィンランドに完全人工光型植物工場を活用する農作物の生産・販売を行う新会社を設立
     富士通株式会社と株式会社富士通九州システムズ(FJQS)は、Robbe's Little Gard…
ページ上部へ戻る