国産植物原料・地産地消を追及したナチュラルヘアケアブランド「rinRen/ リンレン」が新商品を販売

 株式会社ビーバイ・イーは、国産植物原料・地産地消を追求したナチュラルヘアケアブランド「rinRen/ リンレン」から、無農薬栽培のダマスクバラ花水とローズマリーエキスのみを使用した、究極にシンプルで贅沢なアイテム、フェイス&ボディミスト ローズを直営店限定で発売する。

●リンレン公式ホームページ:<http://bxe.co.jp/rinren/>
●ビーバイ・イー公式インスタグラム:@bxe_natural<https://www.instagram.com/bxe_natural/>
国産植物原料・地産地消を追及したナチュラルヘアケアブランド「rinRen/ リンレン」が新商品を販売
≪products point≫
信州で農薬を使わずに育てたダマスクバラの花を、最も香りが高く瑞々しい朝に手摘みし、中央アルプスの天然水で蒸留したローズウォーターと、植物性の防腐剤と言われるローズマリーエキスのみを使用しました。

・長野県産蓼科産ローズ〔ダマスクバラ〕
蓼科高原の大自然で完全無農薬、化学肥料不使用で育てられた香り高いダマスクローズを使用。一番香りが強くなる初夏の早朝に手摘みをしています。

・長野県産駒ヶ根産ローズマリー
雨や寒さから守るためハウス栽培で育てた香りがソフトなWood種を使用。100種の中から、穏やかな成分のシネオールタイプを厳選。

≪商品概要≫
商品名:リンレン レメディアル フェイス&ボディミスト ローズ 120ml ¥1,800+税
天然成分ならではの柔らかな感触でよくなじみ、肌の奥まで潤いが染み渡ります。​乾燥からくるお肌のトラブルや年齢によるお肌のお悩みにローズの有効成分が働きかけ、ハリのあるエイジレスなお肌へと導きます。

化粧水やボディミストのほか、乾燥の気になる髪の毛やルームスプレーとしてもお使いいただけます。アルコールが入っていないので、お肌の弱い方にも安心です。

≪取り扱い店舗≫
■シンシア・ガーデン
■シンシア・ガーデンWEBショップ<http://sincere-garden.jp/>

≪rinRen/リンレンとは≫
「国産植物の恵みでつくった日本生まれのアロマコスメ」日本の土壌でふくよかに育った、国産植物の恵みでつくりました。
どこか懐かしく、やさしい香りで心がほどける日本生まれのアロマコスメ。人に、自然に、未来の頭皮と日本の農業へも。リンレンは、‘本当のやさしさ’への追求から生まれました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  2. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  3. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  4. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  5. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  6. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  7. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  8. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  9. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  10. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     山口大学、株式会社MOT総合研究所と三菱化学株式会社は、植物工場全般に係る共同研究開発等に関して包…
  2. デアゴスティーニによる家庭用LED植物工場の第2弾。野菜・ハーブの水耕栽培キットを販売開始
     株式会社デアゴスティーニ・ジャパンは、LED光源を採用した家庭用・小型植物工場を簡単に楽しめる「L…
  3. 米国NYの農業ビジネス最前線・市場ニーズに合わせた生産品目の切り替え(ガブリエルセン・ファーム)
     ニューヨーク州・ロングアイランド東部の町であるリバーヘッドにて花卉の生産を行うガブリエルセン・ファ…
  4. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
ページ上部へ戻る