JA全農・西鉄による共同事業、佐賀県基山町で植物工場によるトマト栽培を開始

JA全農と西鉄が共同で設立した(株)NJアグリサポートでは、佐賀県および基山町(佐賀県三養基郡)と協働で、基山町に太陽光利用型植物工場によるトマト栽培農場を設置し、トマトの栽培事業を開始する。
JA全農・西鉄による共同事業、佐賀県基山町で植物工場によるトマト栽培を開始
本トマト農場の設置は、平成28年10月に締結した佐賀県と当社との包括的連携協定に基づいた具体策の第1弾として、佐賀県の農業振興を目的に実施するもの。

約5,300m2の敷地に、ICTを活用した環境制御ハウスを設置し大玉トマトを栽培します。環境制御ハウスとは、気温・湿度・日照量・風向き等をセンサーで感知し、ハウス内をトマト生育に最適な環境へ自動で制御するシステムを導入した栽培ハウスです。

この最先端の技術を活かしたハウスで高生産・高収益モデルを実現した上で、研修生を受け入る予定です。研修生の育成を通じ、就農人口の増加につなげたいと考えております。なお、当事業を基山町で開始するにあたり、平成28年11月18日に進出協定を締結いたします。

当事業の開始は平成29年7月を予定しております。当社では今後も、福岡の農業を支える人材を育成し、沿線地域の農業振興による活性化に取り組んでまいります。

■NJアグリサポート 基山町でのトマト栽培事業について
【事業開始日】平成29年7月予定
【事業内容】トマト栽培
【農場所在地】佐賀県三養基郡基山町長野642
【敷地面積】5,334m2
【栽培面積】2,028m2
【栽培品種】大玉トマト
【ハウス概要】環境制御ハウス…気温、湿度、日照量、風向き等をセンサーで感知し、これらの気象情報に基づき、ハウス内をトマトの最適な生育環境に自動で制御する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  2. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  3. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  4. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  5. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  6. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  7. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  8. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  9. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  10. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 都市近接の低コスト型植物工場にてフレッシュハーブの生産へ(アグリサーチ)
     国内外の農業資材を活用した低コスト栽培を推進する有限会社アグリサーチ(福岡県中央区)が、完全人工光…
  2. 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的
     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェル…
  3. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
  4. メトロ・アトランタが都市型農業を拡大するために米国農務省から約2,500万円の補助金を獲得
     非営利団体のメトロ・アトランタ・アーバンファームは米国農務省(USDA)から約2,500万円の助成…
ページ上部へ戻る