JA全農・西鉄による共同事業、佐賀県基山町で植物工場によるトマト栽培を開始

JA全農と西鉄が共同で設立した(株)NJアグリサポートでは、佐賀県および基山町(佐賀県三養基郡)と協働で、基山町に太陽光利用型植物工場によるトマト栽培農場を設置し、トマトの栽培事業を開始する。
JA全農・西鉄による共同事業、佐賀県基山町で植物工場によるトマト栽培を開始
本トマト農場の設置は、平成28年10月に締結した佐賀県と当社との包括的連携協定に基づいた具体策の第1弾として、佐賀県の農業振興を目的に実施するもの。

約5,300m2の敷地に、ICTを活用した環境制御ハウスを設置し大玉トマトを栽培します。環境制御ハウスとは、気温・湿度・日照量・風向き等をセンサーで感知し、ハウス内をトマト生育に最適な環境へ自動で制御するシステムを導入した栽培ハウスです。

この最先端の技術を活かしたハウスで高生産・高収益モデルを実現した上で、研修生を受け入る予定です。研修生の育成を通じ、就農人口の増加につなげたいと考えております。なお、当事業を基山町で開始するにあたり、平成28年11月18日に進出協定を締結いたします。

当事業の開始は平成29年7月を予定しております。当社では今後も、福岡の農業を支える人材を育成し、沿線地域の農業振興による活性化に取り組んでまいります。

■NJアグリサポート 基山町でのトマト栽培事業について
【事業開始日】平成29年7月予定
【事業内容】トマト栽培
【農場所在地】佐賀県三養基郡基山町長野642
【敷地面積】5,334m2
【栽培面積】2,028m2
【栽培品種】大玉トマト
【ハウス概要】環境制御ハウス…気温、湿度、日照量、風向き等をセンサーで感知し、これらの気象情報に基づき、ハウス内をトマトの最適な生育環境に自動で制御する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  2. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  3. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  4. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  5. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  6. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  7. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  8. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  9. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  10. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
  2. 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的
     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェル…
  3. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     三菱化学株式会社は、株式会社ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の完全人工光型植物工場システムを…
  4. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
ページ上部へ戻る