豊田通商グループ、クリスマス需要に向けた太陽光利用型植物工場によるパプリカを出荷開始

 豊田通商株式会社のグループ会社である農業生産法人「株式会社ベジ・ドリーム栗原」で栽培した太陽光利用型植物工場によるパプリカが、クリスマスの需要に向けて出荷を開始した。

ベジ・ドリームの農場がある宮城県は、パプリカの生産量日本一を誇ります。従来より輸入パプリカが国内流通の大半を占めるなか、ベジ・ドリームは国産パプリカの栽培および安定供給に取り組んでいます。

同県大衡村にあるベジ・ドリーム第3農場では、クリスマス需要に対応するため、冬期から出荷が始まる作型で栽培しています。量販店や加工向けからの引き合いも好調であることから、冬場の出荷増に注力しています。
今シーズンは、農場の屋根半分を、より透光率の高いフィルムに張り替えたことで日照度が上がり、昨シーズンよりも比較的気温の温かい時期から収穫を開始しました。その結果、昨シーズンより約20トン増となる年内約45トンの出荷数量を見込んでいます。

 パプリカは、栄養価にも富んでおり、健康野菜としても注目されています。中でも、免疫力を高める働きに優れているビタミンCは、日本人の推奨摂取量である100mg(※2)/日を超える170mg(※3)を赤パプリカ1個に含有するなど、冬場のビタミン補給にも有用です。

※1:本件は、第3農場にて栽培したパプリカの出荷となります。第3農場は、隣接する自動車工場からの廃熱を利用し、環境負荷を低減させた、農商工連携型農場。
※2:厚労省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」出典
※3:文科省「五訂日本食品標準成分表」2015年版(七訂)出典

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  2. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  3. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  4. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  5. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  6. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  7. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  8. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  9. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  10. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  2. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
  3. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
  4. 自然の木をイメージした垂直農場 植物工場や様々なクリーンテクノロジーを導入
    都市部における過剰な人口増加が引き起こす2つの問題は、限られた土地・空間の中での生産性向上をはかりな…
ページ上部へ戻る