タケエイ、銀座農園と資本提携し農業ビジネスに参入。高糖度トマト栽培もスタート

 株式会社タケエイは、銀座農園株式会社と資本提携することにより新たに農業ビジネスに参入する。本事業は、タケエイが国内で展開している山林間伐材等の未利用木材を利用したバイオマス発電事業の熱エネルギーを利活用して高付加価値農産物を生産販売するもの。

タケエイと銀座農園は、農産物の生産販売に関わる法人を各地域に共同で運営し、あわせて両社の関係を中長期的に継続発展させることを目的に資本提携を行い、「木質バイオマス発電事業+高付加価値農産物の生産・販売+地域農林業の活性化」事業に積極的に取り組んでいく。

 タケエイは、廃棄物のリサイクル事業と並ぶ新たな柱として再生可能エネルギーに関する発電事業に積極的に取り組んでおり、森林間伐材を燃料とした木質バイオマス発電所を国内4ヶ所(稼働中1ヶ所、建設中1ヶ所、計画中2ヶ所)で稼働・計画しています。

2013年には株式会社津軽バイオマスエナジーを設立し、2015年から売電を開始しました。この津軽バイオマスエナジーで作られる電気(発電出力:6,250kW)は、津軽地方の間伐材と特産品であるりんごの剪定枝を燃料として作られており、その電力は株式会社津軽あっぷるパワー等を通して地元を中心に供給されています。

 今回の提携は、これまでバイオマス発電事業における課題であった「熱エネルギーの活用策」として、銀座農園が得意とする高糖度トマト栽培に応用・展開するもので、加えて、2016年度バイオマス産業都市(内閣府・総務省・文部科学省・農林水産省・経済産業省・国土交通省・環境省が共同で構築を推進)選定地域となりました「平川市バイオマス産業都市」プロジェクトの一環として取り組んでまいります。

 一方、資本提携先の銀座農園は、自社での農業生産・研究事業のほか、企業による農業参入サポート事業を展開しており、これまでに複数の企業の農業参入を実現、加えて海外においても積極的に事業展開しております。

銀座農園の強みは、高糖度トマト事業を中心とした高付加価値農業の提案力にあり、最近ではワイナリー事業(ブドウ栽培・醸造)、ナシ(JV栽培)事業など、幅広い農業技術を企業に提供し始めております。

これまでのこうした取り組みは、タケエイが積極展開しているバイオマス発電に連動する農林業の利活用においても広い分野での連携が見込め、さらには海外におけるバイオマス事業にも高いシナジーが想定されることなど、幅広い展開を見越し、両社は資本提携することといたしました。

今後タケエイが事業展開する各地域バイオマス発電所において、銀座農園の知見を付加し、同様のスキームを応用していく計画で、バイオマス発電事業が単に発電事業にとどまらず、地域の農林業等の活性化にも寄与していくモデルを構築してまいりたいと存じます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  2. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  3. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  4. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  5. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  6. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  7. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  8. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  9. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  10. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
  2. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1) 台湾では植物工場ブーム?! 国内に60ヶ所以上…
  3. いすゞ自動車、ミドリムシの開発ベンチャーのユーグレナ社と次世代バイオディーゼルの実用化へ
    いすゞ自動車は2014年6月25日、ミドリムシ(微細藻類ユーグレナ)を用いた製品を展開するバイオベン…
  4. アサガオから花の寿命を調節する遺伝子を発見、切り花の長期保存技術への応用も
     鹿児島大と農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所(茨城県つくば市)の研究グループは7月1日、アサ…
ページ上部へ戻る