タケエイ、銀座農園と資本提携し農業ビジネスに参入。高糖度トマト栽培もスタート

 株式会社タケエイは、銀座農園株式会社と資本提携することにより新たに農業ビジネスに参入する。本事業は、タケエイが国内で展開している山林間伐材等の未利用木材を利用したバイオマス発電事業の熱エネルギーを利活用して高付加価値農産物を生産販売するもの。

タケエイと銀座農園は、農産物の生産販売に関わる法人を各地域に共同で運営し、あわせて両社の関係を中長期的に継続発展させることを目的に資本提携を行い、「木質バイオマス発電事業+高付加価値農産物の生産・販売+地域農林業の活性化」事業に積極的に取り組んでいく。

 タケエイは、廃棄物のリサイクル事業と並ぶ新たな柱として再生可能エネルギーに関する発電事業に積極的に取り組んでおり、森林間伐材を燃料とした木質バイオマス発電所を国内4ヶ所(稼働中1ヶ所、建設中1ヶ所、計画中2ヶ所)で稼働・計画しています。

2013年には株式会社津軽バイオマスエナジーを設立し、2015年から売電を開始しました。この津軽バイオマスエナジーで作られる電気(発電出力:6,250kW)は、津軽地方の間伐材と特産品であるりんごの剪定枝を燃料として作られており、その電力は株式会社津軽あっぷるパワー等を通して地元を中心に供給されています。

 今回の提携は、これまでバイオマス発電事業における課題であった「熱エネルギーの活用策」として、銀座農園が得意とする高糖度トマト栽培に応用・展開するもので、加えて、2016年度バイオマス産業都市(内閣府・総務省・文部科学省・農林水産省・経済産業省・国土交通省・環境省が共同で構築を推進)選定地域となりました「平川市バイオマス産業都市」プロジェクトの一環として取り組んでまいります。

 一方、資本提携先の銀座農園は、自社での農業生産・研究事業のほか、企業による農業参入サポート事業を展開しており、これまでに複数の企業の農業参入を実現、加えて海外においても積極的に事業展開しております。

銀座農園の強みは、高糖度トマト事業を中心とした高付加価値農業の提案力にあり、最近ではワイナリー事業(ブドウ栽培・醸造)、ナシ(JV栽培)事業など、幅広い農業技術を企業に提供し始めております。

これまでのこうした取り組みは、タケエイが積極展開しているバイオマス発電に連動する農林業の利活用においても広い分野での連携が見込め、さらには海外におけるバイオマス事業にも高いシナジーが想定されることなど、幅広い展開を見越し、両社は資本提携することといたしました。

今後タケエイが事業展開する各地域バイオマス発電所において、銀座農園の知見を付加し、同様のスキームを応用していく計画で、バイオマス発電事業が単に発電事業にとどまらず、地域の農林業等の活性化にも寄与していくモデルを構築してまいりたいと存じます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  2. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  3. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  4. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  5. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  6. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  7. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  8. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  9. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  10. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
  2. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
    イタリア・ミラノでは「地球に食料を、生命にエネルギーを(Feeding the Planet, En…
  3. タキイ種苗、機能性野菜「ファイトリッチ」シリ−ズのタネを発売
     タキイ種苗株式会社は、野菜の"機能性成分"を豊富に含み"おいしさ"を兼ね備えた『ファイトリッチ』シ…
  4. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
ページ上部へ戻る