凸版印刷、次世代型農業ビジネスを手がける株式会社福井和郷と資本・業務提携へ

 凸版印刷株式会社は、植物工場をはじめとする次世代型農業ビジネスを手掛ける株式会社福井和郷と2016年8月26日付で資本・業務提携契約を締結し、2016年8月31日に同社が実施する第三者割当増資により発行する株式を引き受け、2億円出資した、という。

農業については現在、従来の農作物の生産にとどまらず、食品加工・流通・販売にも主体的に関わることで産業の活性化を狙う6次産業化へのシフトに注目が集まっています。凸版印刷は従来、農業およびその関連市場において、農産物やその加工品の商品企画や包材開発、ブランディングやマーケティング分析などを提供し、多くの採用実績を有しています。

 福井和郷は、契約農家が生産した農産物の加工・販売を手掛ける株式会社和郷が2014年5月に設立した農地所有適格法人で、環境制御システムやICT栽培システムを導入した連棟ハウスでブランドトマト(太陽光利用型植物工場)を栽培するなど、次世代型の大規模施設による農業事業を展開しています。
凸版印刷、次世代型農業ビジネスを手がける株式会社福井和郷と資本・業務提携へ
■ 具体的な事業展開について
(1) 次世代施設型農業における、IoTを活用した生産効率化ソリューションの開発

農産物の生産工程を、製造業の視点で精査・分析することで標準化・見える化し、生育環境の適切な制御や、病気の有無や収穫時期などの判断を自動化するIoTシステムの構築を、ハードとソフトの両面から推進します。
具体的には、当社が持つ半導体関連技術や画像解析技術、機能性フィルムや建装材向け部材の開発技術およびマニュアル作成のノウハウなどを活用し、関連する新製品・新サービスを開発します。

(2) 機能性包材やトレーサビリティなど、生活者のニーズに基づく新しい流通スキームの構築を支援
安全や鮮度の重視、健康・ヘルスケアへの配慮など、生活者の多様なニーズに対応した新しい生鮮青果の流通スキーム構築を支援します。

具体的には、長期の鮮度保持を可能にするパッケージなどの輸送資材やトレーサビリティを確保した輸送・流通システムの開発、選果・加工・配送の受託などの農業BPOなどに取り組みます。さらに、凸版印刷の既存得意先である多くの企業とコラボレーションした新商品や新サービスの開発を積極的に行い、農産物の新しい価値を創造します。

(3) 植物工場における栽培可能品目の拡大
採算性や技術的な側面から栽培品目が限られる植物工場において、市場調査や栽培技術・手法の実証を推進、生産可能品目のラインアップ拡充を目指します。

■ 今後の目標
凸版印刷は今後、農業関連市場に対し、産業の活性化を促進する技術およびソリューションを核とした製品・サービスの開発・提供を推進。2021年度に本事業全体で約100億円の売上を目指します。

同社によるプレスリリース: http://www.toppan.co.jp/news/2016/11/newsrelease161107.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  2. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  3. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  4. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  5. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  6. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  7. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  8. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  9. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  10. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. パナソニックエコ、施設園芸・低コスト型植物工場をターゲットに局所環境制御技術を導入
     パナソニックエコソリューションズ社は、農産物の生産効率向上と生産者負担の軽減を図る「アグリ・エンジ…
  2. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
  3. LED植物工場、玉川大学サイテックファームが日産3200株の施設稼働
     西松建設グループと玉川大学は平成24年1月17日に産学連携協定を結び、フルLED光源を採用した完全…
  4. 昭和電工と山口大、植物工場・高速栽培技術に関する世界展開へ
     昭和電工のLED光源を採用した完全人工光型植物工場ユニット「SHIGYOユニット」が、山形県天童市…
ページ上部へ戻る