ラーメン専門店「一風堂」などの力の源HDが日本オラクルの予算管理クラウドを採用

 日本オラクル株式会社が11月1日、ラーメン専門店「一風堂」などの運営を手掛ける株式会社力の源ホールディングスが、リアルタイムな経営情報の把握とグループ全体と各部門の予算編成および予実管理業務の効率化を目的に、オラクルの予算管理クラウド「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を採用したことを発表した。

 力の源ホールディングスは、ラーメン専門店「一風堂」のほか、国内外の飲食店舗の運営や、ラーメンや飲食事業に関するコンサルティング、製麺など食品工場の運営、農業生産法人による農作物の生産、粉食体験型施設運営など、食全般にまつわる各事業の事業戦略を担っている。

 これらの事業を拡大する中で、国内外に点在するグループ会社、部門や店舗などの事業拠点の損益・予算管理、計画・見込策定等のデータを表計算ソフトで収集する煩雑な業務が増加傾向にあった。

また、予算策定者が店舗・セグメント別や連結ベースの損益情報を集計する負担が増加しており、より迅速かつスムーズに、経営情報の把握と意思決定の実現ができるソリューションを模索していた。

 力の源ホールディングスは、予算管理業務の工数削減、リアルタイムな経営情報の把握、海外での段階的な導入を視野に、短期間で導入が可能な予算管理の仕組みを検討していた。

 同社は「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を導入することで、月次での損益、予実管理を強化する。担当者は、予算・見込データをクラウド上で一元管理することでの業務効率化や、経営戦略や経理などのホールディングスの担当部門を超えたグループ各社の事業本部の責任者との情報連携の向上、また、同サービスの機能である柔軟かつ多角的な軸での予実分析による分析レベルの向上を目指す。

概要:オラクルの予算管理クラウド「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」
http://www.oracle.com/jp/applications/performance-management/pbcs/overview/index.html

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。