ヤンマー、高密度に播種した苗を正確に植え付ける「YR-D密苗仕様」4機種を発売

植物工場IT活用事例セミナー

 ヤンマー株式会社が、新型田植機「YR-Dシリーズ」の追加仕様として、高密度に播種した苗を正確に植え付ける「YR-D密苗仕様」4機種を12月1日より販売開始する。また、田植機オプションとして、「YR-J/RJシリーズ」に対応した「密苗キット」を追加し、2017年2月より販売を開始する。

 同社の「密苗」は、通常育苗箱当たり乾籾で100~150gの播種量を250~300gと高密度に播種し、その苗から慣行同様に3~4本ずつかき取り移植を行うことで、苗箱数や資材費、作業時間を大幅に減らし、田植え作業の省力化とコスト削減を実現した。
ヤンマー、高密度に播種した苗を正確に植え付ける「YR-D密苗仕様」4機種を発売
 2016年春より、密苗モニター実証試験を各地の大規模農家、農業試験場を中心に342ヶ所で実施した。実証試験では、「密苗」による省力化・低コスト技術に対し、高い評価を得ている。

 今回、田植機「YR-Dシリーズ」に密苗仕様を追加することにより、購入コスト、組付工数の低減、スムーズな商品提供が可能になった。また、「YR-J/RJシリーズ」に対応した「密苗キット」の追加により、4条植えから8条植えまで密苗移植に対応した。