『土佐野菜』が「Anny magazine」とコラボ 、新鮮な高知県産の野菜をギフトとして大切な人へ

 プライム株式会社が、2016年6月に始めた『こころ、かよう。野菜の便り。土佐野菜』を、トレンダーズ株式会社のテクノロジーラボ「Between Life n Tech」が運営する、ギフト特化型メディア『Anny magazine(アニー・マガジン)』にて2016年10月24日(月)に販売開始した。
『土佐野菜』が「Anny magazine」とコラボ 、新鮮な高知県産の野菜をギフトとして大切な人へ
 『土佐野菜』では「田舎からの仕送り」というコンセプトで高知産限定の旬の野菜の詰め合わせを提供している。一方「Anny magazine」は「ギフト特化型」メディアというコンセプトで、人に贈るという点でコンセプトが一致している。

 「Anny magazine」を通して「仕送りをする」ということを身近なものにしていき、野菜がギフトの一つという認識を高め、“野菜をプレゼントする”トレンドを作り上げていきたいという考えから、サービスを提供することに決定した。

 利用方法は会員登録なしで、名前とメールアドレスを入力し、クレジットで決済すれば、好きな相手にプレゼントが可能だ。受け取った相手が配達の日時を設定できるため、野菜を新鮮なまま消費者に届けることができる。

 今後は、高知野菜を「京野菜」「加賀野菜」「鎌倉野菜」などのブランド野菜と肩を並べるほどのブランド野菜に育て、『土佐野菜』というブランドを確立させていく考えだ。今回の「Anny magazine」での販売で新しい流通経路の確立と共に、加速的に多くの人に『土佐野菜』を広めていく。

 また、「Anny magazine」のユーザ層に寄った新しい商品の企画・販売を行い、新たな企画を2017年に展開していくことや、他商品とのコラボも計画している。

URL: https://anny.gift/3579/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  2. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  3. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  4. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  5. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  6. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  7. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  8. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  9. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  10. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. NATUFIAのキッチンガーデン。デザイン家電としての植物工場プラントを開発
     エストニアに本社を置くNATUFIA Labは、今年の1月にラスベガスで行われたCES(Consu…
  2. 米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
     米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加…
  3. 自然の木をイメージした垂直農場 植物工場や様々なクリーンテクノロジーを導入
    都市部における過剰な人口増加が引き起こす2つの問題は、限られた土地・空間の中での生産性向上をはかりな…
  4. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
ページ上部へ戻る