『土佐野菜』が「Anny magazine」とコラボ 、新鮮な高知県産の野菜をギフトとして大切な人へ

 プライム株式会社が、2016年6月に始めた『こころ、かよう。野菜の便り。土佐野菜』を、トレンダーズ株式会社のテクノロジーラボ「Between Life n Tech」が運営する、ギフト特化型メディア『Anny magazine(アニー・マガジン)』にて2016年10月24日(月)に販売開始した。
『土佐野菜』が「Anny magazine」とコラボ 、新鮮な高知県産の野菜をギフトとして大切な人へ
 『土佐野菜』では「田舎からの仕送り」というコンセプトで高知産限定の旬の野菜の詰め合わせを提供している。一方「Anny magazine」は「ギフト特化型」メディアというコンセプトで、人に贈るという点でコンセプトが一致している。

 「Anny magazine」を通して「仕送りをする」ということを身近なものにしていき、野菜がギフトの一つという認識を高め、“野菜をプレゼントする”トレンドを作り上げていきたいという考えから、サービスを提供することに決定した。

 利用方法は会員登録なしで、名前とメールアドレスを入力し、クレジットで決済すれば、好きな相手にプレゼントが可能だ。受け取った相手が配達の日時を設定できるため、野菜を新鮮なまま消費者に届けることができる。

 今後は、高知野菜を「京野菜」「加賀野菜」「鎌倉野菜」などのブランド野菜と肩を並べるほどのブランド野菜に育て、『土佐野菜』というブランドを確立させていく考えだ。今回の「Anny magazine」での販売で新しい流通経路の確立と共に、加速的に多くの人に『土佐野菜』を広めていく。

 また、「Anny magazine」のユーザ層に寄った新しい商品の企画・販売を行い、新たな企画を2017年に展開していくことや、他商品とのコラボも計画している。

URL: https://anny.gift/3579/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  2. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  3. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  4. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  5. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  6. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  7. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  8. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  9. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  10. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
  2. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工株式会社の植物工場システムが、イセタン クール ジャパンSDN.BHD.の運営するクアラル…
  3. タキイ種苗、トマト黄化葉巻病耐病性の大玉トマト「桃太郎ピース」を発売
     タキイ種苗株式会社は、2014年の新品種として食味と秀品性にすぐれ、夏場のハウス栽培にて急速に発生…
  4. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
ページ上部へ戻る