時間と場所にとらわれず、どこでも農業を楽しめるサービス『FARMFES』事前登録を開始

 全国の農家と消費者をインターネットで繋げる、株式会社ファームフェスの事前登録が開始された。FARMFESは、時間と場所にとらわれず、マイ農場を持てるサービスだ。同社が契約している全国の農場から、「自分好み」の農場を選択することができ、その農場の生産区画に、好きな名前も付けられる。

 農作物が育つ様子を、ホームページからチェックし、SNS などに共有することも可能だ。さらに、様々なコース内容があり、農産物を収穫できるコースや、マイ農場から収穫された農産物を発送してもらうコースがある。サービスは今年の12月から受付開始予定。

サービスの特徴
1:基本パック(年間6,000円〜)
〜 農家さんとコミュニケーションしながら農産物を観察 〜
・あなたのネームプレートを農場に設置
・毎月のマイ農場の写真をwebにアップロード
・農家とのチャットサービス
・農場から獲れた農産物の一部を発送

2:ファームギフトパック(年間12,000円〜)
〜 大切な人へ、農場そのものをギフトとして贈りましょう 〜
・上記の基本パック全て
・オリジナルネームプレートの作成
・農産物には、あなたの農場のオリジナルラベル
・種蒔から収穫までのフォトアルバム

FARMFESの5つのポイント
1:手軽に簡単農業体験
月額ワンコインから、スマホで通勤時間にもかんたんに農業体験が可能。忙しいあなたでも、好きなときに好きな場所で農業に触れることができます。

2:食のありがたみを知る
種まきから収穫までをサイト上で見て学ぶことができます。食べ物の発育過程や時期を学び、旬を知り、どのように育ち、それを食べるまでのストーリーを体験することで、食のありがたみが分かります。

3:農家さんとの新しいコミュニケーション
種まきから収穫までは毎年いろんなストーリーがあります。農業は楽しいことばかりではなく、天災もあり自然と共存しながら収穫を迎えます。農家さんの想いと歓びをジブンゴトとして共有できます。

4:癒し
ビルに囲まれたオフィス街のなかで毎日働いていると、知らずうちにストレスを抱えていることがあります。そんな時、マイ農場は、自然に笑顔になれるような場所となります。広く高い空と美しい星空は仕事に疲れたあなたを癒やしてくれます。

5:農業を楽しみつくそう
モノだけではない、ずっと続く想い出をファームフェスを通して体現できます。家族や友達、農家さんとのあたたかいコミュニケーションで、農業を楽しみつくして、ワクワクを分かち合いましょう。

事前登録
本日から開始される事前登録に登録していただいた方限定に50%オフキャンペーンや特別クーポンの情報を配信します。
http://www.farmfes.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  2. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  3. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  4. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  5. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  6. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  7. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  8. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  9. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  10. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
  2. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
  3. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
  4. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
ページ上部へ戻る