ケロッグ社が「2025年までに全世界で25億食分の食料を寄贈」と発表

シリアル食品の世界シェアトップブランド、ケロッグ社が、CSRの一環として2013年3月よりグローバルで推進している朝食提供支援プログラム「Breakfasts for Better Days™」の新たな目標として、食料支援を必要としている世界中の子どもたちやその家族にむけて、2025年までに全世界で25億食分の食料を寄贈する計画を発表した。

 また、日本においては、この「Breakfasts for Better Days™」の新たな目標を達成するための皮切りとして、10月16日の「世界食料デー」にむけた従業員ボランティアによる製品寄贈活動を10月14日(金)に実施した。

 同社は、「Breakfasts for Better Days™」を通じて、食料支援を必要としている世界中の子どもたちやその家族にシリアルなどを提供し、活動初年度の2013年度から2016年末までに各国合計で10億食分の製品寄贈を実施することを目標としていたが、今年10月の時点で製品寄贈量は17億食以上に達し、目標を大幅に上回って早期に達成した。

 2050年までに全世界の人口は90億人に達し、世界における食料供給量は現状よりさらに70%必要になると推測されている。この状況を背景に、ケロッグ社は「Breakfasts for Better Days™」の新たな目標を発表した。この新目標は、以下の5項目によって構成されている。

1:世界各国におけるフードバンクおよびその他団体との連携により、食料支援を必要としている世界中の子どもたちやその家族にむけて、2025年までに合計で25億食分の食料を寄贈

2:世界各国の「Breakfast Club」(朝の学童保育)への支援拡大を通じて、200万人の子どもたちに朝食を提供

3:「Climate Smart Agriculture」(気候変動対応型農業)の支援により、農作物の収穫量を増やし、気候変動に対する耐性を高め、ポストハーベスト・ロスや食品廃棄を減らすことで、世界各国の50万人の農業従事者とその家族およびコミュニティを支援

4:世界各国のケロッグ従業員が、フードバンクや朝食提供支援プログラムにおいて、延べ45,000日のボランティア活動に従事

5:チャリティ企画連動プロモーションやWEBサイト・SNS等におけるキャンペーンへの参加を通じて、世界中の延べ3億人の方々が「Breakfasts for Better Days™」に参加

 世界各国のケロッグでは、「Breakfasts for Better Days™」の一環として、毎年10月16日の「世界食料デー」にむけて、従業員によるボランティア活動を実施している。今年、日本ケロッグでは、2008年以来、食品サポーターとして支援を続けているフードバンク「セカンドハーベスト・ジャパン」との共同企画を実施した。

 当企画は、10月14日(金)にセカンドハーベスト・ジャパンのオフィスと日本ケロッグの高崎工場の2カ所において実施され、日本ケロッグの従業員ボランティアがシリアル4種類を、セカンドハーベスト・ジャパンから児童養護施設や母子支援施設、子どもの生活支援団体をはじめとする計60の施設や団体へ配送手配を行い、支援が必要な子どもたちに朝食用シリアルを届けた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  2. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  3. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  4. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  5. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  6. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  7. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  8. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  9. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  10. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. KOMPEITO、オフィス向けプレミアム野菜サービスを提供開始
     農業の活性化を目指す、株式会社KOMPEITOは、働く人や企業の健康を促す、オフィス向けプレミアム…
  2. NASAによる宇宙ステーションや火星探査での農業・植物工場への取り組み
     2015年8月10日には、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在しているNASAの宇宙飛行士が、人工…
  3. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
  4. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
ページ上部へ戻る