ケロッグ社が「2025年までに全世界で25億食分の食料を寄贈」と発表

シリアル食品の世界シェアトップブランド、ケロッグ社が、CSRの一環として2013年3月よりグローバルで推進している朝食提供支援プログラム「Breakfasts for Better Days™」の新たな目標として、食料支援を必要としている世界中の子どもたちやその家族にむけて、2025年までに全世界で25億食分の食料を寄贈する計画を発表した。

 また、日本においては、この「Breakfasts for Better Days™」の新たな目標を達成するための皮切りとして、10月16日の「世界食料デー」にむけた従業員ボランティアによる製品寄贈活動を10月14日(金)に実施した。

 同社は、「Breakfasts for Better Days™」を通じて、食料支援を必要としている世界中の子どもたちやその家族にシリアルなどを提供し、活動初年度の2013年度から2016年末までに各国合計で10億食分の製品寄贈を実施することを目標としていたが、今年10月の時点で製品寄贈量は17億食以上に達し、目標を大幅に上回って早期に達成した。

 2050年までに全世界の人口は90億人に達し、世界における食料供給量は現状よりさらに70%必要になると推測されている。この状況を背景に、ケロッグ社は「Breakfasts for Better Days™」の新たな目標を発表した。この新目標は、以下の5項目によって構成されている。

1:世界各国におけるフードバンクおよびその他団体との連携により、食料支援を必要としている世界中の子どもたちやその家族にむけて、2025年までに合計で25億食分の食料を寄贈

2:世界各国の「Breakfast Club」(朝の学童保育)への支援拡大を通じて、200万人の子どもたちに朝食を提供

3:「Climate Smart Agriculture」(気候変動対応型農業)の支援により、農作物の収穫量を増やし、気候変動に対する耐性を高め、ポストハーベスト・ロスや食品廃棄を減らすことで、世界各国の50万人の農業従事者とその家族およびコミュニティを支援

4:世界各国のケロッグ従業員が、フードバンクや朝食提供支援プログラムにおいて、延べ45,000日のボランティア活動に従事

5:チャリティ企画連動プロモーションやWEBサイト・SNS等におけるキャンペーンへの参加を通じて、世界中の延べ3億人の方々が「Breakfasts for Better Days™」に参加

 世界各国のケロッグでは、「Breakfasts for Better Days™」の一環として、毎年10月16日の「世界食料デー」にむけて、従業員によるボランティア活動を実施している。今年、日本ケロッグでは、2008年以来、食品サポーターとして支援を続けているフードバンク「セカンドハーベスト・ジャパン」との共同企画を実施した。

 当企画は、10月14日(金)にセカンドハーベスト・ジャパンのオフィスと日本ケロッグの高崎工場の2カ所において実施され、日本ケロッグの従業員ボランティアがシリアル4種類を、セカンドハーベスト・ジャパンから児童養護施設や母子支援施設、子どもの生活支援団体をはじめとする計60の施設や団体へ配送手配を行い、支援が必要な子どもたちに朝食用シリアルを届けた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  2. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  3. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  4. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  5. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  6. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  7. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  8. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  9. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  10. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1) 台湾では植物工場ブーム?! 国内に60ヶ所以上…
  2. 都市近接の低コスト型植物工場にてフレッシュハーブの生産へ(アグリサーチ)
     国内外の農業資材を活用した低コスト栽培を推進する有限会社アグリサーチ(福岡県中央区)が、完全人工光…
  3. 1日1万株の国内最大級の植物工場 「柏の葉スマートシティ」にて本格稼働
     株式会社みらいと三井不動産株式会社は「柏の葉スマートシティ」において国内最大級の植物工場「柏の葉 …
  4. エスジーグリーンハウス、植物工場による低カリウムレタスの生産へ
     2007年より太陽光利用型植物工場にてリーフレタスの生産・販売を行っているエスジーグリーンハウス(…
ページ上部へ戻る