島津製作所、試験・研究設備を中心とする新棟が滋賀県・瀬田事業所内に竣工

 島津製作所が、瀬田事業所(滋賀県大津市)内に建設を進めていた試験・研究設備を中心とする新棟(西1号館)の竣工式を10月20日に行った。

 新棟は、油圧ギヤポンプやパワーパッケージ、コントロールバルブといった油圧機器の研究開発および試験・評価の期間短縮や、品質の向上、生産技術の開発を推進する施設だ。

 フォークリフトや農業機械などの作業機部分の動力源となる油圧ギヤポンプやパワーパッケージ、油圧を制御するコントロールバルブは、同社の油圧機器事業における主力製品。フォークリフト向けの油圧ギヤポンプについては、同社が国内でトップシェアを有している。

 同社は、国内でさらなる拡販を進めるとともに、アメリカやヨーロッパで農業機械・建設機械向け油圧機器の需要を掘り起こして事業の拡大を図るため、国内外からの様々な要望に迅速に応えられる体制の強化や納期の短縮、製造コストの削減に取り組んでいる。

 竣工した新棟には、研究開発や試作品製作専用の設備などを多数導入する予定であり、試作品の製作にかかる期間を半分に短縮することを目指している。また、騒音測定室や、当社製品を搭載するお客様の車両を試験できるフォークリフトのテスト走行コース、エンジン駆動耐久試験設備などの試験設備も設ける予定だ。3階には従業員向けの食堂が入居する。

【新棟の概要】
・名称:西1号館
・設立場所:滋賀県大津市月輪1-8-1 島津製作所瀬田事業所内
・建築面積:1,762.69m2
・延床面積:4,832.75m2(鉄骨造3階建)
・着工:2016年2月
・竣工:2016年10月(11月稼働開始)
・総投資額:約19億円

【瀬田事業所の概要】
・所在地:滋賀県大津市月輪1-8-1
・敷地面積:36,406.61m2
・入居している主な部門:株式会社島津製作所 フルイディクス事業部
・入居している主なグループ会社:
島津プレシジョンテクノロジー株式会社
島津エミット株式会社
島津メクテム株式会社
島津ロジスティクスサービス株式会社
島津システムソリューションズ株式会社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  2. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  3. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  4. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  5. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  6. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  7. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  8. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  9. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  10. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. アサガオから花の寿命を調節する遺伝子を発見、切り花の長期保存技術への応用も
     鹿児島大と農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所(茨城県つくば市)の研究グループは7月1日、アサ…
  2. いすゞ自動車、ミドリムシの開発ベンチャーのユーグレナ社と次世代バイオディーゼルの実用化へ
    いすゞ自動車は2014年6月25日、ミドリムシ(微細藻類ユーグレナ)を用いた製品を展開するバイオベン…
  3. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
  4. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
ページ上部へ戻る