カゴメ、地域生産者と日本の消費者を通販でつなぐ新ビジネス「農園応援」をスタート

 カゴメ株式会社が、2016年10月18日から、自社で運営する通信販売事業の中に、新ビジネス『農園応援』を立ち上げる。地方に眠る特色ある果実や野菜を、カゴメが通信販売ビジネスで築いてきた仕組みを活用して、消費者に届ける。
kagome6896
 今回立ち上げる『農園応援』では、食において高まる「地域」・「農業」への関心に着目し、新たな需要と顧客を創造する。カゴメが全国各地の生産者を訪ね、農産物を目利きし、青果や加工品を“いつ・だれが・どこで・どのように”という情報とともに、消費者に届ける。まずは、『健康直送便』を利用している既存顧客に対して、オンラインショップやメールマガジンで、同事業を案内する。

 『農園応援』で初年度に展開する商品は、山形県上山市にある「果樹楽園うばふところ」佐藤 和愛さんの<ゴールド ラ・フランス(青果)(※2)>と北海道余市町にある「水尻農園」水尻 宏明さんが栽培したトマトを搾った<北海道余市トマトジュース(※3)>の2品だ。17年度以降は、取扱い品目を拡大して、展開していく予定。

※2 ゴールド ラ・フランス(青果)
商品特長:生産者が少なく、地域でも希少な青果。西洋梨の中でも香りが高く、甘みが深い。
産地・生産者:山形県上山市「果樹楽園うばふところ」 佐藤 和愛さん
規格:1セット2kg(4個~6個)
販売価格:5,500円(税別)
出荷時期:2016年11月24日頃から
産地直送(生産者が食べ頃のタイミングを見計らい出荷)

※3 北海道余市トマトジュース
商品特長:カゴメが10年がかりで開発した新品種系統、爽果(さやか)を使用。糖酸比が高く、トマトジュースにすると青臭さが少なく飲みやすい。北海道で育ったトマトを北海道の工場で搾った贅沢なトマトジュース。
産地・生産者:北海道余市町 水尻 宏明さん
製造工場:北海道沼田町 沼田町農産加工場
規格:190g×18本入り
販売価格:4,500円(税別)
出荷時期:2016年11月28日頃から

■カゴメ『健康直送便』
 0120-719-899
 9時~21時(年末年始を除く毎日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  2. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  3. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  4. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  5. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  6. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  7. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  8. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  9. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  10. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
  2. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
  3. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
  4. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
ページ上部へ戻る