カゴメ、地域生産者と日本の消費者を通販でつなぐ新ビジネス「農園応援」をスタート

 カゴメ株式会社が、2016年10月18日から、自社で運営する通信販売事業の中に、新ビジネス『農園応援』を立ち上げる。地方に眠る特色ある果実や野菜を、カゴメが通信販売ビジネスで築いてきた仕組みを活用して、消費者に届ける。
kagome6896
 今回立ち上げる『農園応援』では、食において高まる「地域」・「農業」への関心に着目し、新たな需要と顧客を創造する。カゴメが全国各地の生産者を訪ね、農産物を目利きし、青果や加工品を“いつ・だれが・どこで・どのように”という情報とともに、消費者に届ける。まずは、『健康直送便』を利用している既存顧客に対して、オンラインショップやメールマガジンで、同事業を案内する。

 『農園応援』で初年度に展開する商品は、山形県上山市にある「果樹楽園うばふところ」佐藤 和愛さんの<ゴールド ラ・フランス(青果)(※2)>と北海道余市町にある「水尻農園」水尻 宏明さんが栽培したトマトを搾った<北海道余市トマトジュース(※3)>の2品だ。17年度以降は、取扱い品目を拡大して、展開していく予定。

※2 ゴールド ラ・フランス(青果)
商品特長:生産者が少なく、地域でも希少な青果。西洋梨の中でも香りが高く、甘みが深い。
産地・生産者:山形県上山市「果樹楽園うばふところ」 佐藤 和愛さん
規格:1セット2kg(4個~6個)
販売価格:5,500円(税別)
出荷時期:2016年11月24日頃から
産地直送(生産者が食べ頃のタイミングを見計らい出荷)

※3 北海道余市トマトジュース
商品特長:カゴメが10年がかりで開発した新品種系統、爽果(さやか)を使用。糖酸比が高く、トマトジュースにすると青臭さが少なく飲みやすい。北海道で育ったトマトを北海道の工場で搾った贅沢なトマトジュース。
産地・生産者:北海道余市町 水尻 宏明さん
製造工場:北海道沼田町 沼田町農産加工場
規格:190g×18本入り
販売価格:4,500円(税別)
出荷時期:2016年11月28日頃から

■カゴメ『健康直送便』
 0120-719-899
 9時~21時(年末年始を除く毎日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  2. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  3. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  4. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  5. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  6. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  7. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  8. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  9. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  10. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 三菱樹脂、中国・無錫市に太陽光利用型植物工場の販売拠点を設立
     三菱樹脂株式会社の子会社で、太陽光利用型植物工場を展開する三菱樹脂アグリドリーム株式会社は、中国・…
  2. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
  3. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  4. 生鮮野菜への機能性表示食品が認可、植物工場野菜の市場拡大にも寄与
     消費者庁は8日、初の生鮮食品2製品を含む機能性表示食品4製品の届出情報を公表した。今年4月の制度開…
ページ上部へ戻る