三越伊勢丹HD×クールジャパンの新店舗マレーシアで「野菜パウダー」を10月27日に販売開始

 三笠産業株式会社が、三越伊勢丹ホールディングスとクールジャパン機構がマレーシアの首都クアラルンプールに展開するISETAN The Japan Store Kuala Lumpurにて「野菜パウダー」を2016年10月27日(木)に販売開始する。
yasaipowder586106
 日本の優れたモノ・サービスとして三笠産業の野菜パウダー製造技術が評価され、取扱が決定した。野菜パウダーの他に同商品を使用したチョコボーロ、かきもち、シェーカー付きスムージーセットの販売も予定している。

■ISETAN The Japan Store Kuala Lumpur
 三越伊勢丹ホールディングスとクールジャパン機構が共同でマレーシアの首都クアラルンプールで手がける、日本の優れたモノ・サービスを展開する新しいコンセプトのストア。

 日本の歴史や文化、テクノロジー、多様性、暮らしの様式まで、「本物の日本」をお届け。日本というワン・テーマによってすべてが設計されており、フロア構成・品揃えは、4つの日本人の美意識「雅・粋・繊・素」と日々の暮らしの「食べる・暮らす・過ごす・楽しむ・学ぶ」をかけ合わせ商品を展開する。

■三笠産業の野菜パウダー
 安心安全な国産野菜を特殊な技術で超微粒粉砕したパウダー。栄養価の高い旬の野菜を、協力農場から仕入れ、粉末にしている。特殊な粉砕方法(気流式粉砕)で、平均粒子20μm以下(1μmは1/1000mm)とパウダーの粒子が非常に細かいため、パン、デザート、スープなど様々な料理に利用が可能。

 また、特殊な製法(過熱水蒸気機)で殺菌加工をしているので茹で野菜と同等の栄養価が残っているのも特徴。微粉砕なので消化吸収が良く、健康に気遣った食事にも使用できる。

【通販サイトURL】
http://www.benriyasai.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  2. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  3. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  4. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  5. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  6. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  7. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  8. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  9. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  10. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
  2. 多段式システムでカニを栽培、革新的な生産技術によりシンガポールの食料問題の解決へ
     食料の国内自給率向上を目指すシンガポールでは限られた国土面積であることから、政府が生産品目の選択と…
  3. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
  4. 生鮮野菜への機能性表示食品が認可、植物工場野菜の市場拡大にも寄与
     消費者庁は8日、初の生鮮食品2製品を含む機能性表示食品4製品の届出情報を公表した。今年4月の制度開…
ページ上部へ戻る