モンサント、1ヘクタールの太陽光利用型植物工場が稼働「チェスターフィールド研究センター」

 モンサントは「チェスターフィールド研究センター」に温室ハウス36施設を稼働させた。施設は太陽光利用型植物工場のように、温室・湿度などのモニタリングや遠隔制御システム、一部には人工光による補光設備を導入したものとなっている。

モンサントは遺伝子組換え種子の世界シェアトップであり、先月はドイツの医薬・農薬大手バイエルが約660億ドルでの買収するニュースが世界を駆け巡ったばかりである。

施設全体は約1ヘクタールとなっており、13の温室ハウスと内部に栽培ベッドを導入した23の温室ハウスとなっている。今回の温室ハウスに併設して研究棟なども建設中であり、本センターの総投資額は4億ドルにも上る。
現在は約1,100名の従業員が施設で働いているが、全ての建物が完成すれば約2,000名が働くことになる、という。

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。