ワタミファーム&エナジーが大分県臼杵市に「うすきエネルギー株式会社」を設立。電力の地産地消へ

 ワタミ株式会社の100%子会社であるワタミファーム&エナジー株式会社(ワタミF&E)は、2016年10月28日に大分県臼杵市において「うすきエネルギー株式会社」を設立した。“地域電力会社”として、主に地元で発電された電気を購入し、臼杵市内を中心に事業施設や一般家庭に供給する、エネルギーの“地産地消”を目指した取り組みを開始する。

■ワタミグループと大分県臼杵市との関係
ワタミグループと大分県臼杵市との関係は、2010年に、農業生産法人 有限会社ワタミファームが臼杵市に農場を開設したところから始まりました。

2014年には、臼杵市が進める「水源涵養の森林づくり」に共鳴し、臼杵市での森林再生事業に参画、2015年には、ワタミF&Eが林業を主体とした臼杵事業所を開設しました。現在ワタミF&Eは、臼杵市の「バイオマス産業都市構想」に基づく資源循環の取り組みにも参画しています。

またワタミF&Eは、2014年に再生可能エネルギー(FIT電源)を活用した電力事業にも参入しており、臼杵市においても公共施設や民間事業者へ電力を供給しています。

※水源涵養(かんよう)
降水量を貯留し、河川へ流れ込む水の量を平準化して洪水を緩和するとともに、川の流量を安定させる、森林土壌の機能。また、雨水が森林土壌を通過することにより、水質が浄化される。
ワタミファーム&エナジーが大分県臼杵市に「うすきエネルギー株式会社」を設立。電力の地産地消へ
■エネルギーの地産地消、地域活性化を目指します
「うすきエネルギー株式会社」は、エネルギーの地産地消、ならびに地域の活性化を目指して立ち上げました。
設立当初は、九州電力ならびに日本卸電力取引所から購入した電力を供給してまいりますが、今後は、地域内で未活用となっている木材や醸造副産物などバイオマス資源を活用した電力の調達を目指します。

調達した電力およびエネルギー(熱、ガス、薪などの木材等)は、臼杵市内の事業施設や一般家庭を中心に供給し、地域とともに事業を成長させていくことを目指します。

また「うすきエネルギー株式会社」は、設立時はワタミF&Eの100%出資で設立しますが、今後は地域企業等に参画(出資)いただき、より地域性を高めてまいります(図1参照)。本事業の成長とともに地域に雇用を生み出し、地域の活性化に寄与したいと考えています。
ワタミファーム&エナジーが大分県臼杵市に「うすきエネルギー株式会社」を設立。電力の地産地消へ