ワタミファーム&エナジーが大分県臼杵市に「うすきエネルギー株式会社」を設立。電力の地産地消へ

 ワタミ株式会社の100%子会社であるワタミファーム&エナジー株式会社(ワタミF&E)は、2016年10月28日に大分県臼杵市において「うすきエネルギー株式会社」を設立した。“地域電力会社”として、主に地元で発電された電気を購入し、臼杵市内を中心に事業施設や一般家庭に供給する、エネルギーの“地産地消”を目指した取り組みを開始する。

■ワタミグループと大分県臼杵市との関係
ワタミグループと大分県臼杵市との関係は、2010年に、農業生産法人 有限会社ワタミファームが臼杵市に農場を開設したところから始まりました。

2014年には、臼杵市が進める「水源涵養の森林づくり」に共鳴し、臼杵市での森林再生事業に参画、2015年には、ワタミF&Eが林業を主体とした臼杵事業所を開設しました。現在ワタミF&Eは、臼杵市の「バイオマス産業都市構想」に基づく資源循環の取り組みにも参画しています。

またワタミF&Eは、2014年に再生可能エネルギー(FIT電源)を活用した電力事業にも参入しており、臼杵市においても公共施設や民間事業者へ電力を供給しています。

※水源涵養(かんよう)
降水量を貯留し、河川へ流れ込む水の量を平準化して洪水を緩和するとともに、川の流量を安定させる、森林土壌の機能。また、雨水が森林土壌を通過することにより、水質が浄化される。
ワタミファーム&エナジーが大分県臼杵市に「うすきエネルギー株式会社」を設立。電力の地産地消へ
■エネルギーの地産地消、地域活性化を目指します
「うすきエネルギー株式会社」は、エネルギーの地産地消、ならびに地域の活性化を目指して立ち上げました。
設立当初は、九州電力ならびに日本卸電力取引所から購入した電力を供給してまいりますが、今後は、地域内で未活用となっている木材や醸造副産物などバイオマス資源を活用した電力の調達を目指します。

調達した電力およびエネルギー(熱、ガス、薪などの木材等)は、臼杵市内の事業施設や一般家庭を中心に供給し、地域とともに事業を成長させていくことを目指します。

また「うすきエネルギー株式会社」は、設立時はワタミF&Eの100%出資で設立しますが、今後は地域企業等に参画(出資)いただき、より地域性を高めてまいります(図1参照)。本事業の成長とともに地域に雇用を生み出し、地域の活性化に寄与したいと考えています。
ワタミファーム&エナジーが大分県臼杵市に「うすきエネルギー株式会社」を設立。電力の地産地消へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  2. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  3. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  4. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  5. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  6. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  7. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  8. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  9. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  10. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. アサガオから花の寿命を調節する遺伝子を発見、切り花の長期保存技術への応用も
     鹿児島大と農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所(茨城県つくば市)の研究グループは7月1日、アサ…
  2. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
  3. サカタのタネ・住友化学園芸など、レタスや薬味の栽培用キットを全国ファミマ店舗にて販売
     サカタのタネ、ファミリーマート、住友化学園芸の3社は、野菜や草花などガーデニング分野におけるオリジ…
  4. 米国NYの農業ビジネス最前線・市場ニーズに合わせた生産品目の切り替え(ガブリエルセン・ファーム)
     ニューヨーク州・ロングアイランド東部の町であるリバーヘッドにて花卉の生産を行うガブリエルセン・ファ…
ページ上部へ戻る