ワタミファーム&エナジーが大分県臼杵市に「うすきエネルギー株式会社」を設立。電力の地産地消へ

 ワタミ株式会社の100%子会社であるワタミファーム&エナジー株式会社(ワタミF&E)は、2016年10月28日に大分県臼杵市において「うすきエネルギー株式会社」を設立した。“地域電力会社”として、主に地元で発電された電気を購入し、臼杵市内を中心に事業施設や一般家庭に供給する、エネルギーの“地産地消”を目指した取り組みを開始する。

■ワタミグループと大分県臼杵市との関係
ワタミグループと大分県臼杵市との関係は、2010年に、農業生産法人 有限会社ワタミファームが臼杵市に農場を開設したところから始まりました。

2014年には、臼杵市が進める「水源涵養の森林づくり」に共鳴し、臼杵市での森林再生事業に参画、2015年には、ワタミF&Eが林業を主体とした臼杵事業所を開設しました。現在ワタミF&Eは、臼杵市の「バイオマス産業都市構想」に基づく資源循環の取り組みにも参画しています。

またワタミF&Eは、2014年に再生可能エネルギー(FIT電源)を活用した電力事業にも参入しており、臼杵市においても公共施設や民間事業者へ電力を供給しています。

※水源涵養(かんよう)
降水量を貯留し、河川へ流れ込む水の量を平準化して洪水を緩和するとともに、川の流量を安定させる、森林土壌の機能。また、雨水が森林土壌を通過することにより、水質が浄化される。
ワタミファーム&エナジーが大分県臼杵市に「うすきエネルギー株式会社」を設立。電力の地産地消へ
■エネルギーの地産地消、地域活性化を目指します
「うすきエネルギー株式会社」は、エネルギーの地産地消、ならびに地域の活性化を目指して立ち上げました。
設立当初は、九州電力ならびに日本卸電力取引所から購入した電力を供給してまいりますが、今後は、地域内で未活用となっている木材や醸造副産物などバイオマス資源を活用した電力の調達を目指します。

調達した電力およびエネルギー(熱、ガス、薪などの木材等)は、臼杵市内の事業施設や一般家庭を中心に供給し、地域とともに事業を成長させていくことを目指します。

また「うすきエネルギー株式会社」は、設立時はワタミF&Eの100%出資で設立しますが、今後は地域企業等に参画(出資)いただき、より地域性を高めてまいります(図1参照)。本事業の成長とともに地域に雇用を生み出し、地域の活性化に寄与したいと考えています。
ワタミファーム&エナジーが大分県臼杵市に「うすきエネルギー株式会社」を設立。電力の地産地消へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  2. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  3. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  4. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  5. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  6. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  7. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  8. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  9. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  10. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 都市近接の低コスト型植物工場にてフレッシュハーブの生産へ(アグリサーチ)
     国内外の農業資材を活用した低コスト栽培を推進する有限会社アグリサーチ(福岡県中央区)が、完全人工光…
  2. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
  3. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
  4. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
ページ上部へ戻る