積水化学と福井県が農業研究に関する連携協定を締結、農業経営の低コスト化を推進

 積水化学工業株式会社の環境・ライフラインカンパニーと福井県が、低コストで収益性の高い農業経営の実現と環境にやさしい農業の推進を目的とした農業研究に関する連携協定を締結し、調印式を行った。

 超高齢社会、人口減少社会の到来や、TPP交渉の大筋合意を受けて、農業の生産性向上が大きな課題となり、省力化や未利用熱の活用等の新技術等に注目が集まっている。本連携協定に基づき、福井県のフィールドにて両者のノウハウを活用した2件の実証試験(一部開始済)を推進していく。
sekisui58751
1.実証試験の概要
(1)高度水利用型水田農業実証試験
 同社のICTを活用した多機能型自動給水機「水(み)まわりくん」を水田に設置し、水田水管理の自動化や遠隔操作化等による省力化効果、米の品質向上等への効果を検証。
 水管理の省力化効果や米の品質向上等への効果が大区画化圃場における農業経営を容易にし、生産コスト削減や収量拡大につながる。
 ・事業主体:北陸農政局九頭竜川下流農業水利事務所
 ・事業期間:2015年4月~2018年3月(予定)
 ・実証場所:イーノなかのはま100(福井県あわら市中浜14-11)※水まわりくん51箇所設置

(2)地中熱活用暖房システムによる園芸作物の周年栽培技術実証試験
 同社の未利用エネルギー活用システム「エスロヒート地中熱(水平型)」を園芸ハウスに導入し、暖房システムの省エネ効果、CO2削減効果を検証し、寒冷地域における園芸作物の効率的な周年栽培技術の確立を目指す。
 ・事業主体:
  福井県スマート園芸省エネ技術実証協議会
  <事業主体の構成(役割)>
   福井県農業試験場(栽培技術)、福井県農林水産部生産振興課(栽培技術普及推進)
   カネコ種苗株式会社(栽培プラント)、当社(地中熱利用システム)
 ・事業期間:2016年4月~2019年3月
 ・実証場所:福井県農業試験場内園芸ハウス(福井県三方郡美浜町)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  2. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  3. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  4. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  5. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  6. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  7. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  8. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  9. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  10. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     山口大学、株式会社MOT総合研究所と三菱化学株式会社は、植物工場全般に係る共同研究開発等に関して包…
  2. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
  3. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
  4. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
    2008年7月12日に、植物工場ビジネスに関して(株)フェアリーエンジェル、代表取締役の江本謙次氏を…
ページ上部へ戻る