セプトアグリが液肥を使わない独自の水耕栽培技術の試験的導入農家の募集を開始

 株式会社セプトアグリでは、液肥を使わない弊社独自の水耕栽培技術(特許出願済)「EZ水耕」の試験的導入農家の募集を開始する。
septagri67915
 同社が開発した新技術では液肥を使わずに水耕栽培が可能。本技術により、露地の普通畑でハウスも液肥も使わずに、リーフレタスの水耕栽培を成功させた。

 普通畑でEZ水耕を行う場合、土をならして防水シートを敷き、プールという水たまりを設置する。一方、水田でEZ水耕を行う場合は水田そのものをプールとして活用できるため、プールを設置する必要がなく、さらなる大幅なコスト削減が可能となる。

 試験的導入農家の開始時期は2017年の10月を予定している。従来の水耕栽培設備は鉄骨ハウス、水耕設備、育苗設備を合わせて1反歩あたり4000万円~5000万円もの莫大な導入コストを要した。

 一方、同社が提供する水田型EZ水耕の導入価格は、LED育苗施設を含み、2反歩以上導入の場合で、1反歩あたり600万円を予定している。水田型EZ水耕では、ハウスも、液肥も、プール(栽培ベッド)も必要としないため、LED育苗施設がセットでありながらも、低コストでの提供が可能だ。

 従来の水耕栽培設備や植物工場では高額な初期投資を回収するため、栽培期間を極限まで短縮し、出荷株数と収穫回数を増やすために早期収穫を行う。このため、50g~100g未満の小株リーフレタスを出荷しないと採算が合わない。

 一方、低コスト型の水田型EZ水耕は従来の水耕栽培設備に比べて設備投資回収の負担が大幅に小さくなっていいる。このため、EZ水耕では設備投資の超低コスト化を武器として、時間的に余裕を持った栽培が可能となり、100g~200gの中株リーフレタスが採算性のもとに生産可能となる見込みだ。

 今回、水田型EZ水耕を試験的導入される農家には、協力特典として水田型EZ水耕が1反で450万円の割引価格で提供される。さらに、合計1haまでは同価格で追加提供が可能だ。

株式会社セプトアグリ: http://www.sept-agri.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  2. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  3. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  4. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  5. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  6. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  7. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  8. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  9. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  10. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
  2. スペインでも店舗併設型植物工場タイプのレストランがオープン
     スペインのバレンシアにてオープンしたレストラン「vuelve carolina」では、料理の素晴ら…
  3. アオスフィールドなど、湯沢町に再エネ活用したコンテナ型のデータセンターを新設
     株式会社アオスフィールドと株式会社ゲットワークスは、新潟県南魚沼郡湯沢町に湯沢町初となるデータセン…
  4. シカゴの都市型農業、米国農務省による100万ドル以上の補助支援を受けて農地整備・人材育成へ
     シカゴ市は米国の連邦政府補助金として100万ドルをかけて、都市型農業の整備や人材育成、新規事業の支…
ページ上部へ戻る