セプトアグリが液肥を使わない独自の水耕栽培技術の試験的導入農家の募集を開始

 株式会社セプトアグリでは、液肥を使わない弊社独自の水耕栽培技術(特許出願済)「EZ水耕」の試験的導入農家の募集を開始する。
septagri67915
 同社が開発した新技術では液肥を使わずに水耕栽培が可能。本技術により、露地の普通畑でハウスも液肥も使わずに、リーフレタスの水耕栽培を成功させた。

 普通畑でEZ水耕を行う場合、土をならして防水シートを敷き、プールという水たまりを設置する。一方、水田でEZ水耕を行う場合は水田そのものをプールとして活用できるため、プールを設置する必要がなく、さらなる大幅なコスト削減が可能となる。

 試験的導入農家の開始時期は2017年の10月を予定している。従来の水耕栽培設備は鉄骨ハウス、水耕設備、育苗設備を合わせて1反歩あたり4000万円~5000万円もの莫大な導入コストを要した。

 一方、同社が提供する水田型EZ水耕の導入価格は、LED育苗施設を含み、2反歩以上導入の場合で、1反歩あたり600万円を予定している。水田型EZ水耕では、ハウスも、液肥も、プール(栽培ベッド)も必要としないため、LED育苗施設がセットでありながらも、低コストでの提供が可能だ。

 従来の水耕栽培設備や植物工場では高額な初期投資を回収するため、栽培期間を極限まで短縮し、出荷株数と収穫回数を増やすために早期収穫を行う。このため、50g~100g未満の小株リーフレタスを出荷しないと採算が合わない。

 一方、低コスト型の水田型EZ水耕は従来の水耕栽培設備に比べて設備投資回収の負担が大幅に小さくなっていいる。このため、EZ水耕では設備投資の超低コスト化を武器として、時間的に余裕を持った栽培が可能となり、100g~200gの中株リーフレタスが採算性のもとに生産可能となる見込みだ。

 今回、水田型EZ水耕を試験的導入される農家には、協力特典として水田型EZ水耕が1反で450万円の割引価格で提供される。さらに、合計1haまでは同価格で追加提供が可能だ。

株式会社セプトアグリ: http://www.sept-agri.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  2. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  3. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  4. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  5. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  6. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  7. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  8. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  9. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  10. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
  2. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工株式会社の植物工場システムが、イセタン クール ジャパンSDN.BHD.の運営するクアラル…
  3. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  4. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
ページ上部へ戻る