「農作物×アスリート」農作物の購入でマイナー競技アスリートを支援するスポーツファンディングがスタート

 一般社団法人アスリートエールが運営するオンライン後援会“アスリートエール”が、スポーツファンディング第14弾として、ハンドボール日本代表・銘苅淳の競技資金(小口ミニスポンサー)を募集開始する。栃木県足利市「長谷川農場」の協力のもと、農作物の購入で支援が可能だ。
athleteyell53256
・募集サイト=http://athleteyell.jp/mekaru_atsushi/sports_funding/18/
・募集期間=2016年10月21日~12月31日
・目標金額=¥50万
・協賛金使途=2017年1月の世界選手権に向けたコンディショニング費用
   (トレーニング費、栄養食材費、マッサージ費、治療費、睡眠グッズ、他)

 ハンドボール・銘苅淳は、筑波大卒業後に実業団チームに4シーズン所属後、より厳しいプロの世界を知る為に、単身ハンガリーに渡り、日本人として快挙の2014年度ハンガリー1部リーグ得点王に輝く。2016年8月にスペイン1部リーグに移籍し、2016年12月には、あの世界一クラブ:バルセロナを戦う予定。ただ、厳しいプロ環境は、生活面にも影響し、海外プロ5シーズン目でも節約生活を強いられている状況。

 一方、日本代表としては、世界選手権の切符を争う2016年1月アジア選手権メンバーとして活躍し、26年ぶりに韓国を撃破する等の話題を作りながら、3位入賞に貢献。(これによって、2017年1月フランスでの世界選手権に日本代表は参戦資格を得る)

 この切符獲りに貢献した銘苅淳は、当然、2017年1月・世界選手権でも日本代表メンバーに召集される事を自負するが、移籍したばかりのスペインで、コンディションを落としてしまった状況。このコンディション回復に向けた、食材費・マッサージ費・治療費等のサポートを、小口協賛金として募集します。

 今件に伴い、栃木県足利市「長谷川農場」の御協力を得て、「農作物×アスリート」という新しい試みを行います。安心安全の農作物を購入する事で、アスリートのサポート費用を捻出する、「Cause Related Marketing」とも言える今件は、拘りの産直農作物のPRにもなり、「農業×スポーツ」という側面も持ち合わせています。多くのサポートを頂けるよう、宜しく御願い致します。

協賛メリット
■Aコース=¥4,000以上の御協賛
 ファンマッピング国旗に御名前掲載
 皆様の御名前を、日の丸国旗に銘苅淳が心を込めて直筆し、
 それを2017世界選手権(1月11~29日:フランス)の応援席で掲げます!
■Bコース=¥10,000以上の御協賛
 【お試しコース】
 米5kg+肉500g
 長谷川農場の低農薬米(品種:ひとめぼれ)と足利マール牛を御届けします。
■Cコース¥30,000以上の御協賛
 【がっつりコース】
 米5kg+肉2500g
 長谷川農場の低農薬米(品種:ひとめぼれ)と足利マール牛を御届けします。
■Dコース¥20,000以上の御協賛
 【限定20セット】長谷川農場お任せDコース
 米+肉+野菜+加工品等の
 長谷川農場がおススメする旬の品を¥2万分、組み合せて御届けします!
■Eコース¥50,000円以上の御協賛
 【限定20セット】長谷川農場お任せEコース
 米+肉+野菜+加工品等の
 長谷川農場がおススメする旬の品を¥5万分、組み合せて御届けします!

◇スポーツファンディングとは
日本国内でも、少額の寄付金を募るクラウドファンディングが流行していますが、短期的で、情報認知者の関心度に左右される傾向があります。
一方、アスリートは競技人生が長く、自らを応援して頂ける「ファン」を保有していますので、より投資者と密接な関係を作り、より継続的にファンから支援して頂く体制を構築する必要があり、アスリートエール事務局も選手と一緒に資金調達に臨む形を「スポーツファンディング」と称して、アスリートのサポート体制の主力として位置付けています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  2. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  3. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  4. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  5. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  6. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  7. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  8. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  9. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  10. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 富士通など、フィンランドに完全人工光型植物工場を活用する農作物の生産・販売を行う新会社を設立
     富士通株式会社と株式会社富士通九州システムズ(FJQS)は、Robbe's Little Gard…
  2. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
  3. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     福島県・南相馬市の農業法人「南相馬復興アグリ株式会社」は2月9日、太陽利用型植物工場を建設し、トマ…
  4. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
ページ上部へ戻る