ちくま精機、分別不要・バイオを使わない屋外設置型生ごみ処理機を発売

 株式会社ちくま精機が、バイオを使わない屋外設置型生ごみ処理機「cleantasis(クリンタシス)」を2016年11月1日に販売開始する。家庭で出る生ごみを入れてふたをし、約24時間で20分の1の体積に処理。ごみの加熱処理時に発生する排気を、凝縮器で冷やし水滴にして排出する特許技術を採用している。
cleantasiscleantasis(クリンタシス)URL: http://www.chikumaseiki.co.jp/cleantasis/


■屋外設置型生ごみ処理機「cleantasis(クリンタシス)」
 ちくま精機は、シンク直結型の家庭用生ごみ処理機「キッチンカラット」など家庭での生ごみ処理に関する製品開発を行ってきました。この度、2012年に販売終了した「クリンカラット」の特殊粉砕技術や無排気構造を受け継いだ「cleantasis(クリンタシス)」を販売開始します。

 「cleantasis(クリンタシス)」は過去製品に比べ、搭載部品を見直したことで“安全性”が向上。「ログ機能」を搭載し、保存された運転データから万が一の故障の際も修理箇所の特定を素早く行えるようになりました。また、新たに開始した「お客様登録サービス」で、アフターメンテナンスも充実しました(登録されたお客様はメーカー保証延長、修理費10%オフになります)。

■cleantasisの特長
1.生ごみの分別不要
特殊粉砕技術を搭載し骨や貝殻も強力に粉砕するため、生ごみを分別せずごみ箱感覚で入れるのみの簡単操作で済みます。
2.排気をしない
ごみの加熱処理により発生したイヤなにおいの排気は凝縮器で冷やし、水滴にして排出します。
3.20分の1に減量
生ごみは乾燥させてコンパクトな乾燥ゴミに変身。軽くてごみ出しも簡単です。
4.13Lの大容量
ごみ出しは1か月に1回程度。屋外設置なので、邪魔になりません。

≪製品概要≫
名称  : 屋外設置型生ごみ処理機「cleantasis(クリンタシス)」
発売日 : 2016年11月1日
定価  : 150,000円(税抜)
サイズ : 幅370mm×奥行500mm×高さ630mm
株式会社ちくま精機: http://www.chikumaseiki.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  2. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  3. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  4. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  5. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  6. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  7. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  8. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  9. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  10. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
  2. デアゴスティーニによる家庭用LED植物工場の第2弾。野菜・ハーブの水耕栽培キットを販売開始
     株式会社デアゴスティーニ・ジャパンは、LED光源を採用した家庭用・小型植物工場を簡単に楽しめる「L…
  3. 多段式システムでカニを栽培、革新的な生産技術によりシンガポールの食料問題の解決へ
     食料の国内自給率向上を目指すシンガポールでは限られた国土面積であることから、政府が生産品目の選択と…
  4. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     三菱化学株式会社は、株式会社ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の完全人工光型植物工場システムを…
ページ上部へ戻る