エルディが運営する『畑っぴ』で福島県の甘柿『秋王』が育成できるサービスを開始

 株式会社エルディが、福岡県・全国農業協同組合連合会福岡県本部の協力のもと、10月19日より、農業シミュレーションゲーム『畑っぴ』『わくわく農園』にて、福岡県育成の甘柿新品種『秋王』育成シミュレーションゲームのサービスを開始する。
hatakeppi65718960
《福岡県育成の甘柿新品種『秋王』とは》
 福岡県農林業総合試験場が育成。糖度が高く、サクサクとした食感が楽しめる。種がほとんどなくカットしやすいのも特長だ。品種登録は2012年4月。産地はうきは市や朝倉市、久留米市などで生産者は約200人。

■「畑っぴ」「わくわく農園」は「食育」を実現、農家が監修する本格農業体験ゲーム
「畑っぴ」「わくわく農園」は「水をやる」「肥料をやる」といった画一的な作業ではなく農家監修のもと、本格的な農作業の工程をゲーム化している。仮想(バーチャル)農園で野菜や果物、牛や豚などを育て、収穫・搾乳・出荷すると、本物の作物や乳製品・肉製品が自宅に届くというサービスだ。

 現在育てられる作物はいちご、トマト、なす、きゅうり、さつまいも、お米、柑橘類、野菜セットや黒毛和牛や銘柄豚、カンパチ、地鶏の肉製品、また加工品として、りんごジャムやりんごジュース、アイスクリーム、ヨーグルト、チーズ、鉢バラなど。

わくわく農園 http://wakunou.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  2. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  3. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  4. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  5. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  6. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  7. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  8. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  9. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  10. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
  2. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
  3. KOMPEITO、オフィス向けプレミアム野菜サービスを提供開始
     農業の活性化を目指す、株式会社KOMPEITOは、働く人や企業の健康を促す、オフィス向けプレミアム…
  4. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
ページ上部へ戻る