エルディが運営する『畑っぴ』で福島県の甘柿『秋王』が育成できるサービスを開始

 株式会社エルディが、福岡県・全国農業協同組合連合会福岡県本部の協力のもと、10月19日より、農業シミュレーションゲーム『畑っぴ』『わくわく農園』にて、福岡県育成の甘柿新品種『秋王』育成シミュレーションゲームのサービスを開始する。
hatakeppi65718960
《福岡県育成の甘柿新品種『秋王』とは》
 福岡県農林業総合試験場が育成。糖度が高く、サクサクとした食感が楽しめる。種がほとんどなくカットしやすいのも特長だ。品種登録は2012年4月。産地はうきは市や朝倉市、久留米市などで生産者は約200人。

■「畑っぴ」「わくわく農園」は「食育」を実現、農家が監修する本格農業体験ゲーム
「畑っぴ」「わくわく農園」は「水をやる」「肥料をやる」といった画一的な作業ではなく農家監修のもと、本格的な農作業の工程をゲーム化している。仮想(バーチャル)農園で野菜や果物、牛や豚などを育て、収穫・搾乳・出荷すると、本物の作物や乳製品・肉製品が自宅に届くというサービスだ。

 現在育てられる作物はいちご、トマト、なす、きゅうり、さつまいも、お米、柑橘類、野菜セットや黒毛和牛や銘柄豚、カンパチ、地鶏の肉製品、また加工品として、りんごジャムやりんごジュース、アイスクリーム、ヨーグルト、チーズ、鉢バラなど。

わくわく農園 http://wakunou.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  2. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  3. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  4. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  5. 大地を守る会とオイシックス、3月31日よりグループ会社化
     株式会社大地を守る会と、オイシックス株式会社は3月31日にグループ会社となり、2017年秋を目処と…
  6. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  7. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  8. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  9. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  10. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
     弊社では2015年5月より5ヶ月間、イタリア北部はミラノで開催されているミラノ万博へ訪問取材を実施…
  2. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
  3. シカゴの都市型農業、米国農務省による100万ドル以上の補助支援を受けて農地整備・人材育成へ
     シカゴ市は米国の連邦政府補助金として100万ドルをかけて、都市型農業の整備や人材育成、新規事業の支…
  4. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
ページ上部へ戻る